2016年7月26日 (火)

アナフィラキシーショック

まさかね、自分が経験するとは思わなかった。

もともと、蕎麦アレルギー持ちなので、食事には気をつけていたんだけど、虫は蜂以外はノーマークだった。
事は土曜日の午後の事、新野でラベンダー摘みをしていた時。
株の下から伸びた花茎を揃えて刈り取ろうとした瞬間に、両手の親指に蜂に刺された様な激痛が走った。
思わず「くそ!刺された」と口から漏れたものの、親指に目をやると体長3cm程の見たこともない虫が親指に噛み付いてやがる。
思わず払い落として傷口をチェックするが、まぁちょっとした出血程度なので、大した事無かろうと作業を再開したのだが。
激痛が走ってから五分ほどだろうか、全身に倦怠感を感じると共に、頭がぼ~っとしてくる。そうこうするうちに視野狭窄が始まり「こりゃ、やべぇ」とその場に座り込んで、転倒しないような姿勢をとった。
視野狭窄は程なく収まったが、全身の倦怠感は酷くなる一方。
そうこうするうちに、両腕に蕁麻疹が現れる。
ここでアナフィラキシーショックを起こしたことを悟った。

病院へ救急搬送されて、処置後に入院決定。それでも一泊程度で放免かと考えていたが、事態は自分が考えていた以上に深刻だった模様で。
輸液の点滴は終日、ステロイド系の点滴も翌日一杯続いた。
この間、食事は一切禁止(まぁ、食欲も無かったが)で、水かお茶しか摂取できず。
それでも日曜日の午後には落ち着いてきて、夕方には食事も許可されたものの、投薬量が半端無かったとの事で、副反応を押さえる為の投薬とその経過観察とで更に二泊。

いやぁ~、まじにエライ目に合いました。
で、私をこんな目に合わせた犯人はと、入院中の暇にあかせて調べましたわ。
確定はできなかったんだけど、もう十中八九此奴しかいねぇってとこまで絞込ましてな。
「オオトビサシガメ」っつう、カメムシの仲間。体長・体型はほぼ一致、体色だけが合致しねぇんだけど、こいつに噛まれると「蜂に刺された様な鋭い痛み」とか、もう体色以外は完全に一致。
ただ、アナフィラキシーショックを引き起こす様なケースは、無いみたいではある。
でも、こっちの体調(やや、脱水気味だった)もあるし、もしかすると二箇所同時に噛まれた事も一因かもしれない。

「エピペン」に関して
食物アレルギーでのアナフィラキシーショック事故で、度々論議される「エピペン」について、担当医師と薬剤師に質問をしてみた。
「エピペン」は一種のカンフル剤であって(アドレナリンが主成分なんだそう)、アナフィラキシーショックを押さえるものでない。
ショック症状で急降下した血圧を一時的に確保するもでしか無いので、必ず救急搬送までの時間稼ぎでしかない(それでも救命率に大きく影響する)。

薬剤師からは練習用のカートリッジで実際に体験させて貰ったんだけど、確かに使い方は簡単なんだけど、事前に演習してないとまぁ躊躇うような代物でして、アレルギーと無縁な人ではまぁ、びびるわなと。w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月16日 (月)

平成二十八年 平谷村諏訪神社「式年御柱祭」 里曳き編

里曳きの経路は下の図の様に、国道153号線を東進したの後、旧道に入り国道418号線を北上。 153号線を渡って再び東進して村役場前より神社に至る。 空荷で歩けば正味小一時間という行程を五時間かけて曳航されます。

御柱里曳き経路図

050123_2 (画像はまつのやのつまさんからお借りしました。直リンクです)

我々は道の駅まで車で移動し、車をデポ。徒歩にて西町の休憩所まで移動し、御柱を待つ事にする

上図には描かれていないが、役場前から向町まで三州街道の旧道がありショートカットできるからだ。

道の駅から15分ほどで西町の休憩所に到着。タイムテーブルは遅れているはずなんだけど、曳航隊はまだひとつ前の新町休憩所にいるっぽい。

十五分程したところで出発したらしく、音頭をとる笛の音が聞こえてきた。

1463192169487

気配を感じて見上げてみれば、上空をUAVが舞っている。w

誰が飛ばしているんでしょうかね。ちょっと撮影された画像を見てみたいかも。

1463193921354

中町での餅(菓子)撒きの様子。ほぼ全ての休憩所で振舞いと餅撒きが行われます。

Cimg3936

向町の休憩所に到着。タイムテーブルの遅れも取り戻し、すこし前倒し気味に。 御柱はここから100m程を418号線に沿って売木村方向へ向い、折り返して153号線を渡り中平へ向かいます。

前回の御柱祭では、153号線を横断中に車両との接触事故があったそうで、一本ずつダッシュで横断。w

Dscn0767

役場前に到着。ここと次の十郎太休憩所は、道の駅に隣接している事もあり、見学客の数も多い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

平成二十八年 平谷村諏訪神社「式年御柱祭」 伐採・山出し編

寅年と申年」に開催される式年御柱祭。申年である今年も開催された。
諏訪大社の御柱祭が全国ニュースで流れているので、ご存知な方も多いと思うが、諏訪湖を水源とする天竜川水系沿いの各地にも勧請された系列社があり、それぞれでも祭りがとり行われているのです。
今回の御柱祭は前回の御柱では見学できなかった、伐採・山出しを中心に参加させて頂いた。

平谷スキー場に設けられた休憩所に0755に到着。伐採場所を尋ねるとちょうど、山へ上がる車が出るとの事で、軽トラックに便乗させて頂く事に。
Cimg3937受付ブースにて手拭を頂き、軽トラの荷台に氏子さん十名ほどと相乗りして、スキー場の上部へ。
大人が十人も乗ってりゃ完全に過積載(軽トラの積載荷重は公称350kg)なんですけどね。w
車を降りて五分ほど沢沿いを登って、伐採現場に到着。予定では0800より神事・伐採との事だが、「木遣隊」がまだ到着していないとの事で、待機との事。

1463180987170
御柱用の御用材。こちらは女木。平谷村諏訪神社で用いられる御用材は、

・長さ 4m70cm (15尺5寸)
・太さ 30cm   (1尺)

この条件を満たすものを見立て、重さは約1tになるそうだ。
ちなみにこの御用材は胸高直径で40cmほどある立派なもの。

Cimg3924
遅れていた「木遣隊」の皆さんも無事到着。
諏訪大社へ木遣を奉納する、岡谷市木遣保存会の方々。

1463182445365
宮司さんにより祝詞が奏上された後に「斧入れ」が行われる
実際の伐倒作業はチェンソーで行われるが、受け口を鉞で追入は手挽鋸と昔の手法を形だけでも踏襲している。
この「斧入れ」で出る木っ端は御神木の分身であり縁起物とされ、氏子はもとより村外からの一般参加者にも配布される。

Cimg3928
男木が無事、伐倒された。
胸高直径で40cm程なので、根本だと50cmを越えます、たぶん。



Cimg3931_2 Cimg3932_4 Cimg3933_3




払われた枝を手にした氏子さんが、わらわらと寄ってたかって皮剥きを始める。
平行して端面の面取り作業も。これは曳航時、障害物に引っ掛からない様に。
そしてあっという間(十分程)にて皮剥き終了。早ぇ~w

1463185723167曳航索を結びつけます。
索と御神木を繋いでいるのは、藤かなんかの蔓。




1463186131777男木・女木ともに曳航準備完了。
ここから一旦、沢に落として沢沿いに下ります。




1463186925709対岸の急斜面を直登する男木。
左手に巻けばもっと楽に上がるんですけど・・・
梃子衆と曳き手の息が合わないと、曳航索が切れます。
確か男木・女木ともに、四回ほど切れた。w






1463189275306里曳きの出発点、スキー場レストハウス前に到着。
一般参加の方も多く、休憩所の振る舞いは黒山の人だかり。
ちょっとお話をした感じでは、前回(六年前)に偶々参加したて方が多かった。


御柱はここから村内の各集落を巡り、諏訪神社を目指します。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月12日 (火)

山小屋通信(1/9~1/11)

寒気の南下が弱く、冷え込みはせいぜいが氷点下5度前後と暖かい冬。土曜日の夕方には雪がちらつくものの、積もることは無し。
ただ、積雪が無いせいか地表の冷え込みが強く、朝方の体感気温は平年より強く感じる。ただ、積雪が無いことで作業は捗るのが有り難い。積雪があるとまずは除雪から始めないといけないからねぇ。

で、この三日間は薪づくりに専念。昨年秋に集めてきた原木を玉切り・薪割りを繰り返す。一昨年秋の原木収集が不発だったせいで、今季は昨年分の在庫で賄っている始末。
まぁ、一昨年2月の大雪で甚大な被害を被った電力会社が予算措置して、支障木の伐採を進めているので、原木の収集そのものはなんとかなっているけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年1月 1日 (金)

Ingress A16への道のり 総括

「Ingress」というゲームはプレイヤーの増加と共にその内容も進化してきたゲームで、当初はプレイヤー・レベルもA8までしか設定されていなかったとか、いろいろと仕様の変更が加えられて進化し続けていますから、私の経験はあくまで「一人のプレイヤが辿った軌跡」でしかありません。
特にゲーム開始からA4位までのレベルアップには、プレイするフィールド状況が大きく影響しますし、プレイ時間も個人で大きく異なります。
例えば、2014年12月(それ以前に実装されていたメダルは通称「レガシーメダル」と呼ばれる事が多い)から2015年2月にかけて実装された新規実績メダルが無かったら、私は未だにA16に到達していません。レガシーメダルで二枚目のオニキス(黒)とれていませんし、白金も二枚しか取れていません。
では新メダルが実装された事で、A16まで楽に上がれるか? これは一概には言えなくて「上がりやすくなった人」と「全然、上がれない人」がいるんですね。
レガシーメダルの頃は「A9とA15が壁」と言われていて、これは自分の経験や実績をみればハードルの高さはよく判ります。

じゃぁ新メダル実装で楽に上がれる?確かに上がりやすくはなったんだけど、そうは甘くない。ざっくりというと「A9の壁」はなくなりましたが、「A12の壁」が現れました。ここで躓く人の特徴は「構築(CFの作成)をしない人」というのが共通していて、破壊でAP満たしているのに実績足りなくて浪人してるんですね。
私の場合で言えば、A10に上がった段階で考えたのは「ユニークは割と楽に稼げるからとりあえずマイコンとコネクタを金にするか」でした。結果からいえば正解で鍵堀ついでにアイテム補給でグリフハック実績稼ぎ、マイコンで獲得MU稼いだおかげで、飛び級で上がれましたから。Ingressのゲームデザインからも、「獲得MU」でファクションの勝敗を決めるに貢献する訳ですしね。
あと、CFを作るという行為が性に合ったってのも大きいですね。特に多重CFの作り方をマスターしてからは、楽しくてしょうがないし、実績AP共にバンバン稼げていた訳でして。
新メダル実装以後では、ユニーク系の実績が低くても構築で稼げば楽に上がれるようにはなりましたしね。逆に言えば構築しないと実績浪人でいつまでたっても上がれないですね。
構築主体にすると物理的な活動範囲をコンパクトにする事で、時間効率も上がりますしね。もっとも多重にしようとすると、えらい距離を移動せんとあかんくなることもありますけど、ルーティン化出来たりすると楽ですねぇ。

Ingresssの楽しみ方は千差万別、プレイヤーの数だけ有ると言っても過言ではありません、ただその中で「どうやってレベルをあげるか」は、誰しも通る道でもあるでしょう。
ただ、現在のレベルキャップであるA16まで行かないと見えない地平はあります。ただしそこから見える地平は人それぞれ。ユニークを追い求めるもよし、華麗なる多重を追い求めるもよし。
A16は目標ではあるけども、そこに到達した事で見える世界があります。そしてそこからこそIngress の世界観「世界は見えているままのものでは無い」になるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

昨年はなんとなしに記事更新せず、放置状態でしたがぼちぼちと投稿を再開しております。
で、今年の山小屋での年越しですが妻から「久しぶりに積雪のない年越しだよね」と言われまして、気になって過去ログを漁ってみたところ、直近では2012末から2013への年越しが「積雪無し」の年越しでして、決して「久しぶり」では無いのですねぇ。
ただ、年明けに積雪する降雪があり妻はその記憶しか残ってないというのも有るのでしょうね。

過去ログを読み返して気がついたのは、「年内に根雪となる降雪」があった年の方が実は少なくて、ほとんどが「年末・年始か、年明け二週目」頃の積雪が根雪になっている事が多い。
まぁ考えてみれば当たり前で、5cmくらいまでの積雪なら数日の晴天が続いた時点で、日陰を除けば大概の積雪は溶けちゃうんですよね。
ただこの「5cm程度の積雪」が曲者で、何か作業を行おうとした際の障害になるので、事前に雪かきしなきゃならない、この労働の記憶が強く記憶に残ってしまって、「積雪のない年越しは久しぶり」な認識になるのでしょう。

とはいえ、今冬はこれまで近年稀に見る暖かさというのも事実で、12月下旬まで地面が凍らないのは久しぶりです。積雪が無い年でも霜柱は11月下旬には立ってましたからねぇ。
寒さはこれからが本番、さてどうなりますやら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月27日 (日)

Ingress A16への道のり A15~A16

さて、前回の記事で「状況の変化」ですが、自分と同じタイプのプレイヤーが現れた事でして、まぁ細かいコト言うと完全に同じでは無いだけど、構築でAPを稼ぐ人が現れちゃったんですね。
この頃になると対抗陣営に元気なプレイヤーさんが相対的に減っちゃって、一度張られたリンクが中々消えない。
味方が張ったリンクで思うように構築できないという状況が発生して、悶々とした思いを抱えてたりしたもんです。
で、まぁ味方のプレイに文句を言ってもしゃーないので、自分のプレイスタイルを変える事に。
それまで「面倒くせい」と敬遠していた破壊型プレイにシフトしました。目をつけたのはちょっと西の方に有る、対抗陣営の牙城的な(笑)エリア。
A9に上がる時にユニーク稼ぎに行った以来かなぁ。とりあえずバス路線沿いのポータルを潰して周りました。
補給は敵ポータルをBOさせる事で確保。割りとポータルが密集している事もあり、一日辺りのハック回数も150/日位になりましたねぇ。そこそこCFも構築されていたのでAPも15万AP/日とそれまでの構築型と同じくらい稼げました。
ただねぇ、このエリアのCFって多重が殆ど無いから実際の稼ぎってあんまし効率よく無かったのよねぇ。

Screenshot_20151125151335

でまぁ、三周年AP2倍セールもあって、2015年11月25日に、今のレベル・キャップであるA16に到達しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ingress A16への道のり A14

新メダルの実装もあって、この時点では既にA16に必要な実績を稼ぎつつ、APを稼ぐ戦略でした。
必要な実績は「白金メダルが3 累積AP170万(500万AP)」ですが、APはこれまでどおりに構築で稼ぐとして、三枚目の白金メダルの狙いは新たに実装された「Translator」
もっともポータル密度が低いフィールド事情もあって、メダル実装前からグリフハックは必須だったので、A13に上がった数日後に条件をクリア。A13昇格から一週間でA14に昇格。

A12~A14までは新メダルの実装と自分が採った戦略が巧く咬み合って、トントン拍子に昇格しちゃってあまり記憶に残っていないと言うか(苦笑)、ノウハウが残って無いというか・・・・
ただ、この頃からフィールドの状況が変化してきて、A15に上がるための戦略の練り直しを迫られる事に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月23日 (水)

Ingress A16への道のり A13

A13への昇格条件は「AP3,600,000(累積 12,000,000)と白金1 金7」と、更にハードルが高くなるのだけど、ここまで来ると、APの稼ぎ方はある程度判って来ているので、実績の稼ぎ方次第で昇格の早さに絡んでくる。

白金は既にRechargerとGurdianで二枚有るので、金を一つ穫れば良い。この段階で金に近いのはConnectorとbuilder。この二つのどちらか早い方での昇格を狙い、APはこれまで通りに構築で稼ぐという方針。
ひたすらCFを構築しLink数を稼ぎ、レゾネータを設置 or Upgradeしていく日々を重ねるだけ。特にレゾのUpgradeでは、APには繋がらない「自己Apgrade」までやって実績を稼ぐ。

結局、Connectorが先に条件を満たし、2015年4月16にA13に昇格。
この時点でA14に必要なAPの88%を稼いでました。必要な実績「白金2」も満たしていたので、後はAPを稼ぐのみ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月21日 (月)

Ingress A16への道のり A11~A12

2014年11月30日にA11昇格を果たし、A12目指していたところへこちらの記事にも書いた通り、新たなメダルが追加されました。Trekker Engeneer SpecOpts の三種類。このうちEngeneerとSpecOptsは「今日からよーいドン」とカウントがスタートするメダル。TrekkerはIngressをプレイし始めてからの積算値が対象なので、金が付与されこれで銀メダル6個と金メダル3個が揃い、後は金1個を揃えるだけ。

とは言えMindcontrollerとconnectorを一口に「金にする」と言うも、これはかなり大変な作業でして、Linkを張るにはポータルキーが必要なのに、このアイテムだけはハック一回で一個しかドロップしないし、時には外れでドロップしない事もある。一説によるとキーのドロップ率は75%だとかで四回に一回は入手出来ない事になる。なので予備のキーを普段から集めておかないといけない事になり、これが結構インベントリ(所持制限2000個)枠を圧迫してくる。
それでも対抗陣営の圧力も強かったので、バースターの消費も激しくてインベントリの空枠は結構余裕ではあったかな。
そして2015年2月26日にMindcontrollerが金になり、A11へ昇格。
その翌日27日には1月に実装されたTraslatorが金になりA12へ昇格とskip状態。(笑)

次のA13は金7個。APはちょっと足りないけど、Connector実績稼いでいる間に貯まっちゃうなと皮算用。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«Ingress A16への道のり A10