« あちぃ~ | トップページ | 山小屋通信(6/19) »

2005年6月18日 (土)

山小屋通信(6/18)

朝から気持ち良い青空が広がる。知人I氏が訪問、起き抜けの寝ぼけ眼で、コーヒーを飲みながら、暫しの談笑。
I氏のラベンダー畑は、来週頃が見頃との事で、訪問を約す。
今日は、ドーマーの外壁張りを仕上げてしまわないとね。まずは1X4の12ftと6ftをそれぞれ一本ずつ、ミゾキリカンナで相じゃくりに加工する。
次にスライドソーとコンプレッサーをセットし、外壁を張り上げて行く。もうここは、「計って切って、打ちつける」の繰り返し。「切る」と「計って、打ちつける」で作業分担出来れば効率良く作業出来るのだが、一人でやっているから効率は、甚だ宜しくない。
それでもお昼前には、ドーマー外壁の残りを張り上げる事が出来た。
午後からはお天気との相談。携帯のピンポイント予報で確認すると、どうやら雨の心肺は明日の午後までは無い模様。思い切って外壁のステイン塗装をもやっつける事にする。
ドーマーの西面は昨年の秋に工事してから、冬の間放ったらかしだったので乾燥と紫外線で、かなり表面が傷んでいる。
ディスクサンダーに木材研磨用のディスクを装備し、表面をざっと慣らして行く。
ん~、しかしかなり反りが発生しているなぁ。ドーマーだからアラは目立たないとはいえ、耐久性に不安を残すかもだ。
今回の塗装には、「ウェス拭き塗装」という方法を用いた。ひらたく言うと「塗料を含ませた雑巾で、ふき掃除する」とイメージして頂けば良いだろう。
刷毛塗りに比べて労力はいるが、塗料の垂れ落ちが少なく塗り斑も起こし難いので、足場が悪い場所ではなかなかに重宝する塗り方だ。
弱点は入り隅への塗装を苦手としている事かな。まぁ、そこだけは刷毛で仕上げれば良い。

作業の出来高からすると、大した進捗では無いが足場の悪い屋根上作業で有る事を鑑みれば、良く働いたと思う。
その証拠に夕飯には焼き肉が食べたくなったもんな。
今日の夕食は「豚三枚肉のねぎ塩焼肉」ぢゃ。

|

« あちぃ~ | トップページ | 山小屋通信(6/19) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/4625371

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(6/18):

« あちぃ~ | トップページ | 山小屋通信(6/19) »