« 命がけ | トップページ | ムクドリ »

2005年6月 3日 (金)

電線に

仕事で訪れたお客様にて。
本降りの雨が小康状態の頃、駐車場にクルマを停めて外へ出たら、「くちゅぴちゅ くちゅぴちゅ」と頭の上から聞こえる。
振り仰ぐと、ツバメの巣立ち雛が七羽・・・ん?なんか、ちょっと模様が違う奴がおるなぁ。
良く見たら、ツバメの中にシジュウカラが一羽、雑じってた。ネクタイが細目だったから、メスだろうね。
う~ん、どちらもスズメ目だしツバメは巣立ち雛だから、成鳥に比べて小柄とはいえ混群をつくるものだろうか。

ちなみにこのお客様、私が担当している中で一番、野鳥の気配が濃いです。それも距離の近さはダントツ。
周辺は産廃処分場・跡地に囲まれているのに、不思議だ。
でも、すぐ近くに、オオサンショウウオの自生地があるしなぁ。手つかずの県有林(混交林)も多いからなのかもしれない。

|

« 命がけ | トップページ | ムクドリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/4387862

この記事へのトラックバック一覧です: 電線に:

« 命がけ | トップページ | ムクドリ »