« 別荘地分譲開始 | トップページ | 万博狂騒(最終回) »

2005年8月 7日 (日)

山小屋通信(8/7)

爽やかな晴天が広がり、日中は暑そうな気配。なんとか屋根の波板まで終らせようと、作業開始。
昨日、切っておいた204材で最後の壁枠を組み立てる。この壁にはドアが付くので、スタッドの配列が他の壁と異なるので、注意が必要だ。もっとも壁枠も四枚めとなれば作業は早い。
ただ、”まぐさ”が付いたおかげで直角の修整にえらい手間取る。渾身の力で押そうが、ハンマーで叩こうが、ビクともしない。結局”まぐさ”の取りつけを少し緩めて、直角の修整をして筋交いを取りつけた後に、”まぐさ”の緊結を行うことで解決。
次に合板の取りつけだが、その前に一枚だけだが合板を切らなくてはならない。というのも余剰品である四八サイズの合板を使う為だ。まぁ、この作業は合板のサイズがでかくて、取り回しし辛い事を除けば、大した作業では無い。
カットが終れば、コンプレッサーをセットして連ネジ打ち機を準備し、合板を取りつけて行く。これで四面の壁が無事、出来上がった。

午後からは屋根の工事だ。屋根はこれまた余剰品である三尺長のポリカ波板。本当は四尺長を使いたかったのだが、これも節約の為だ。
重なり幅を現物合わせで決めながらの作業だから、手間を食って仕方ない。それでもなんとか二時間程で終了。
一休みすると少々、中途半端な時間になってしまったが、中の棚も作ってしまう事にする。
しかし残りの材料が中途半端な事もあり、木取りをどうするかで考え込んでしまった。実は棚は三段の予定なのだが、各段に必要な高さを確保しようとすると材料が少々足らないのだ。
悩んでも仕方がないので、「一段だけでも作ってしまえ!」と刻みを開始。一段目だけ組み上げて今週は終了。

土曜日が中途半端な時間しか作業出来なかった割りに、ほぼオンスケジュールで出来たな。残る大きな作業はドアの製作と取りつけだけど、棚の工事も含めて正味一日あれば終りそうだ。

CIMG0461

|

« 別荘地分譲開始 | トップページ | 万博狂騒(最終回) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/5373115

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(8/7):

« 別荘地分譲開始 | トップページ | 万博狂騒(最終回) »