« 山小屋通信(8/21) | トップページ | 山小屋通信(8/27) »

2005年8月27日 (土)

甲子園大会なんて、もういらない

夏の全国高校野球大会優勝校、駒台苫小牧高校の部内暴力が暴露されて、すったもんだしている訳だが、この手の事件が起こる度に不思議なのは、その多くは内部告発なんだよね。
ライバル校が相手を蹴落とす為にやったのなら、不思議ではないのだけど内部告発して評判を落としてなんの意味があるのか?
普通に考えれば告発した側こそ、不利益が大きいはずなんだから、逆に考えれば「告発した方が、得られる利益が大きい」って事か。
今回の話しも殴られた生徒の親は、「障害事件としての告訴も辞さない」構えといい、医師の診断書までとったと伝えられている。
でもさぁ、「顎(がく)関節炎症」なんて、聞いた事ない症状だわな。なんとなく無理やりとって付けた診断書という感じは否めない。
暴力による制裁的指導というものを肯定する気はさらさら無いが、殴られた本人はベンチ入りメンバーでは無いものの、大阪遠征のメンバーには入っていたとの事で、本当に顎関節に炎症を起こしていたら、遠征は無理だったんじゃないの?

実際にどういった形で鉄拳制裁が加えられていたのかは、当事者ではないので言及は控えて本題は「何故、このタイミングでの告発?」である。
傷害事件として立件できる程の暴力を受けていたのなら、迷う事なくその場で訴えるのが親の心情ではないのかな。
それが「脅しに近かった」とはいえ、学校側の言い分に丸め込まれちゃって、今回の告発な訳だよね。
これって、学校側となんらかの裏取引があったんじゃ無いのかと思うんだな。
んで、「遠征先でもスリッパではたかれた」と子供から聞かされて、「話しが違う!」と。
もっとも、殴った部長って奴もアホとしか言いようがないよね。既に親から抗議が遭った征途をまたもや殴っちゃったんだからさ。
「野球バカ」はどこまでいっても、バカでしかないのでしょう。

話し替って、中学・高校の運動部においては、程度の違いはあれど「鉄拳制裁」は当たり前の世界で、決して良いことではないのだけど、大怪我に繋がらない程度は普通にあるもの。
なのに何故、高校野球だけ、それも甲子園大会出場校だけが、こうも大騒ぎになるのか?
他の競技で、こうも大騒ぎになった例は有るか?少なくとも私は聞いたことがない。
ちう事は、「甲子園大会」だけの現象であり、これは翻って「高校野球甲子園大会」をブランド化している、どこかの誰かがブランド・イメージを損ないたくないと考えている証拠ではないのかと推測出来る。
逆に言えば、「高校野球甲子園大会」に誰も見向きもしなければ、こんな問題が繰り替えされる事もないと、言えるのではなかろうか。

私自身は、野球なんて大っ嫌いな種目ではあるが、一所懸命に打ち込んでいる人までは否定する訳では無い。
ましてや高校生に「聖人君子であれ」なんて、求めるのが間違っていると考えている。
大体、高校生なんて未成年、つまり未完成な人格なんだから間違いも起こすのは、当たり前の事だ。
なのに、その事を大人が許さないというのは、彼らを取り巻く大人たちのエゴでしょう。
大人たち(はっきり言えば、高野連の爺共と、学校に巣食う寄生虫共)のエゴで、一所懸命な生徒が出した結果が泥にまみれるぐらいなら、甲子園大会なんていらないと思う。

|

« 山小屋通信(8/21) | トップページ | 山小屋通信(8/27) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/5653293

この記事へのトラックバック一覧です: 甲子園大会なんて、もういらない:

« 山小屋通信(8/21) | トップページ | 山小屋通信(8/27) »