« 山小屋通信(9/19) | トップページ | フローリングの仕上げ方法 »

2005年9月20日 (火)

山小屋通信(9/20)

昨日までの快晴は何処へやら、朝から雲が多い。時々、晴れ間も顔を出すが、それも一瞬の事。
朝の一仕事でタラの木を二本、庭に移植する。移植のタイミングとしては今の時期は、あまり宜しくないのだが、放っておいても伐採されてしまうのは目に見えているので、「うまく根づけば保護になる」と。

今日の作業は、ロフトのフローリング工事。日曜日に墨付けは終っているので、まずはスターターの加工から。
ドーマーの壁が少々歪んでいるのと(^^::、勾配屋根との取り合いで欠き込みをしなくてはならないので、面倒くさい。
若干のミスは有ったものの、周り縁で誤魔化せる程度の精度にはなんとか加工出来た。

CIMG0503
これがスターター。勾配屋根との隙間に、注目。


スターターさえ収まれば、あとは目地を合わせながら切っちゃ張り、切っちゃ張りを繰り返していくだけ。
とは言え建物が小さいから、カットの度に外へ出なくてはならず、ロフトと外の作業台を行ったり来たり。
後から考えると、壁際の目地も墨出ししておけば、カットは纏めて出来たんだよなぁ。

こういうノウハウを持っっていないのが、DIYの辛いところである。ま、一階の床張りでは今回の経験が生きるし、倍の面積を張らなきゃならないから、良い経験をしたと諦めよう。(苦笑)
しかし、一日中作業して半分弱かよぉ~~。(涙)

CIMG0511
一日の成果の様子。これでももの床材の良さを感じるには、十分な面積だ。


明後日から妻が実家に帰省するので、今日は早めに切り上げる。

|

« 山小屋通信(9/19) | トップページ | フローリングの仕上げ方法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/6055343

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(9/20):

« 山小屋通信(9/19) | トップページ | フローリングの仕上げ方法 »