« ドアノブが届いた! | トップページ | 山小屋通信(11/13) »

2005年11月12日 (土)

山小屋通信(11/12)

今週も仕事が押して、土曜日の出発。買い物もあったから仕方ないけど。
長久手のロイヤルにて、ドアの錠と錠やノブの取りつけに必要な、φ24mmのドリルや木工ホルソーセットを購入。前日までに買い出ししておければ良かったのだが、まわったホームセンターでは必要な工具を扱っていなかったのだ。ビットパーツ等はここかカインズ・モールが一番の品揃えかな。

買い出しをしたおかげで、小屋への到着は14:00時頃。回りの木々も紅葉の盛りを過ぎて、はらはらと落ち葉が舞い、庭は一面の「落ち葉の絨毯」状態。
少々北風が冷たいが、明日の作業に備えてドアノブ取りつけの予行演習を開始。端材の208材に墨付けを行い、ノブとラッチを取りつける穴を開ける。
ノブはφ50mm(取説ではφ54mmとなっていた)のホルソーを、ラッチはφ24mm(こちらはφ25mm)のドリルで穴を開ける。ノブ用はまだしもラッチ用の穴は正確に開けないと、ノブとの位置関係がずれてしまい、動作不良の原因になるので注意が必要。
ドアに見立てたテストピースを別の端材でサンドし、クランプで固定してドリルスタンドの足場を確保して穴を開ける。そして仮組みをしてみるとバッチリ、スムーズにラッチが動作する。
と、本番前の練習をして今日の作業は終了。

温泉から帰ってくると林道入り口の気温計の表示は、一度!こりゃぁ、今夜は氷点下に突入だな。
風が収まったし奇麗な月夜なのでむずかる妻を誘って、いつもの様に外で焚き火を囲み夜食モード(笑)中、ふと斜向かいの別荘の屋根を見ると、なんとはなしに色がくすんで見える。「ん?」と思って今度は向かいの別荘(IM邱)の屋根は、普通に見える。
もしやと思って、山小屋の屋根を見るとこちらもくすんで見える。っちう事はもしかして、ひょっとして霜かぁ~~~!
気温計を持ち出して計ってみると、氷点下三度。実測ではこの秋初めての氷点下であった。


早速、ドアの作業を開始。先週見つけた不具合などを修正したら、もう夕暮れ。

|

« ドアノブが届いた! | トップページ | 山小屋通信(11/13) »

コメント

 早いね、もう氷点下(@@)。
ウチはまだ2度だったけど、もうすぐ来月には氷点下になるなぁ。
帰る時には水道の凍結防止をする季節になる。
来週か再来週にはベランダの風囲いを付けるか、その模様替えをしなくては。

 後1週間で造成作業が終わりそう。
長く掛かったなぁ。

投稿: もと | 2005年11月15日 (火) 00時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/7064574

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(11/12):

« ドアノブが届いた! | トップページ | 山小屋通信(11/13) »