« 山小屋通信(11/26) | トップページ | 何かおかしい2 »

2005年11月27日 (日)

山小屋通信(11/27)

予報に反して朝から青空が広がる。しかしそれほど強くは無いとはいえ、風が冷たい。
予定ではシーリング・ファンを取りつけるつもりだったが、最近の忙しさのせいでか、気持ちが乗ってこない。こういう時は得てして、作業は捗らないしミスはするしで、事故もおこしかねないので要注意だ。
そこで昨夜壊れた、ケトルの代替品を購入しに行こうと、妻に提案する。妻としては冬越しの作業を行いたかった様だが、園芸店へ寄る事を条件にOKとなる。

まずは飯田のCAINSホームへ寄るが、気の利いたデザインのものは皆無。安っぽい笛吹きケトルしか置いていない。仕方が無いのでAPITAへ移動するがその前に、「黄鶴園」へ。
ここは割と凝った品揃えで、掘り出し物が見つかる事が多い店だが、さすがに晩秋とあって目を引くのはパンジー系の新作くらい。
APITAでは品数もあったのだが、デザインで選ぶと値段がねぇ。どうもI.H対応品ばかりの様で値段が予算オーバーだ。それでもなんとか、価格とデザインに妥協して、ステンレス製のケトルをGET!する。
帰りに「道の駅 ひまわりの湯」に立ち寄り、物産店を冷やかしてみるがちょっと高いなぁ。リンゴ(富士)が大玉とはいえ四個で\700ではねぇ。
そしたら向かいの出店から呼び込む声がする。(^^;;まぁ見るのは只だしと寄ってみると、お店のお姉さん(としておこう)が、「あっちの店はいくらだった」と声を潜めて訊いて来た。なので「大玉四つで\700だって。二袋以上だと\500。ちょっと高めかな」と答えると、「自家消費用だったら、そんな高いの買わんでも、これにしとき」と、ご自身の店のものを薦める。(^^;;;
スーパーのレジ袋(大)に詰め放題で\800だから、確かに安いわな。もっとも物は蜜が入り過ぎて割れたりした傷物ではあるが、味は変わんでねぇ。御裾分けまで含めて替えそうなので、こちらで買うことにする。そしたら袋だけでなく、上着のポケットにまで詰め込んでくれた。

山小屋へ戻ったのはお昼過ぎ。昨夜の鍋の残り物をストーブにかけて昼食の準備をしつつ、知り合いから貰った廃材を焚付けとして使える様に整理して行く。
まぁ、作業は単純なもので、必要な長さにカットして後は手斧で細く割って行くだけだ。とはいえ釘が残っているので、注意しないと鋸や斧の刃を欠いてしまうんだよな。案の定、マルノコを釘に当ててしまった。
でも、そういう事態を考慮して古い鋸刃に交換しておいたのは、正解だな。

そろそろ帰り支度をと、ゴミ燃やしを始めたら来客が。昨年、小屋の電気配線を手伝ってくれたO氏一家とお袋だ。なんでも飯田までリンゴ狩りに行った帰りだそうだ。
到着するなり「ホルモンは有るか?」と騒ぐ傍迷惑な親父ではあるが、ちょう配線と断熱材の取り合いで判らない事があったので、これ幸いと質問攻めにしておいた。
こちらから要請すれば、それなりにおもてなしもしなくちゃならんが、向こうから来る分には遠慮はしないじょ。(笑)

そんなこんなで、久しぶりに作業無しでのんびりと過ごした、週末であった。

|

« 山小屋通信(11/26) | トップページ | 何かおかしい2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/7388072

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(11/27):

« 山小屋通信(11/26) | トップページ | 何かおかしい2 »