« 山小屋通信(11/27) | トップページ | 山小屋通信(12/3) »

2005年11月30日 (水)

何かおかしい2

11月24日の続編っす。
ようやく世間も、今回の偽造事件のに関して、黒幕の存在に気付き出した様だ。
姉歯秀次のやった事は確かに攻めを負うべき行為だが、真の首謀者の存在は推理小説の原則である、「その犯罪によって、最大の利益を得られる者が真犯人」をあてはめれば、おのずと見えてくる。

まず事の発端となった姉歯秀次だ。彼が構造計算書を偽造(これ、偽装と言った方が適切ではないかな)する事で得られる利益だ。
建築設計の仕事は建物のデザインや間取りなどの「意匠設計」と、今回の問題になっている「構造設計」に別れる。有名建築家と呼ばれる設計士の殆どは「意匠設計」である。
対して「構造設計」が光を浴びるのは、過去に例のない建築物に限られると言って過言ではないし、通常の建築物であれば完全な、裏方仕事。受注順位でいえば良くて下請けで、大概は孫請け以下というのが相場であろう。
これは消費者の購入動機を考えれば、すぐに判る。「構造が丈夫で、震度六強にも耐えられます」が、セールスポイントになるか?大抵は「ゆとり有る間取り」だとか「高級感溢れる仕上げ」だとかに目が行くでしょうが。
つまり下請け仕事だから、せいぜいが受注件数を稼げるといった程度。しかも法令違反は明白なのだから、足元を見られて買い叩かれるのがおち。しかもまっとうな構造設計をする方が楽なのに、あっちを誤魔化しこっちで辻褄を合わせと、労力はまともな仕事の数倍になるから、むしろ「骨折り損のくたびれもうけ」に終る可能性が高く、今回の様に偽造の事実が発覚すれば全てを失うというリスクがつきまとう。
では何故、こうも次から次へと彼が関った物件が出てくるのか?これは簡単で「それだけの需要があった」という訳ですな。つまり建築確認申請を誤魔化してでも、安普請な建物を建てたいという需要が。

次に施工者だ。所謂「建築会社」とか「工務店」。私の推理ではここが”実行犯”であり、姉歯に偽造を依頼したと考えているが、これもケースバイケースなんだけどね。
発注主の意向を請けて、意匠設計・構造設計・施工の一切を請け負った場合、ここはかなりの荒利を稼ぐ事が出来る。
何故なら構造設計がまともであっても、施工の段階で発註する鉄骨や鉄筋・生コン等の数量を、減らす事が出来るからだ。となれば、建築確認申請というお墨付きの段階で資材量を減らし、更に施工段階で減らすという方法が取れる。
実際、申請図面からの計算値と竣工図からの計算値で、竣工図での数値が更に低い物件が見つかっている。
この事は、元請けが仕事を取たくて無理な工費で請け負っている事の、間接的な証明ではなかろうか。
更に言えば、まともな構造設計であっても、耐震強度が不足している物件は数多有るという、空恐ろしい事になる。
しかしこの手抜き工事の可能性も、受注価格が利益を圧迫するような無茶な請負にあるとすれば、ここでも大した旨味はないと推測出来る。まっとうな利益がでる価格で請け負っていれば、構造設計を誤魔化す必要も無いし、手抜き工事をする必要性も無いからね。

最後に発注主だ。実はわざわざ考察しなくても、ここが一番の利益を得られ事は明白。ただし明確な指示を出した事を立証するのが一番、難しいところでもある。
なぜなら無茶な施工予算を提示して、施工を請け負わせれば良いだけであるから、「その金額で請け負ったのだから、全面的に信用して任せた」と空っとぼければ良いだけだから。
でも考えてみれば、例えばヒューザーのマンションは「立地条件の割に、広い占有面積と低価格」が人気を呼んだのだ。占有面積と価格は相関関係にあるから、「広くて安い」となればなんらかの理由刈るはず。ましてや立地条件が良いとなれば、施工費を削っていなければ利益は出ないよね。しかも柱や梁が耐久性を無視した細さなんだから、占有面積だって増やせる訳だ。

|

« 山小屋通信(11/27) | トップページ | 山小屋通信(12/3) »

コメント

ヤバい状況になると 色々考えるもんじゃねえ。
これ以上 うそ ウソ 嘘 ついて 隠そうと思っても駄目となったから 暴露して やーさんとかに襲われないように
自ら 檻の中に逃げ込んだって感じじゃねえ。
リーゾナブルな値段ってのが 何にでもあるじょ。
安くて 豪華で 広くてなんて住居は 見えない所で手抜きしてあると考えるのが 当ったり前じゃ。


投稿: 草刈マッサオの妻 | 2005年11月30日 (水) 02時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/7389394

この記事へのトラックバック一覧です: 何かおかしい2:

« 山小屋通信(11/27) | トップページ | 山小屋通信(12/3) »