« 何かおかしい2 | トップページ | 山小屋通信(12/4) »

2005年12月 3日 (土)

山小屋通信(12/3)

朝方は晴れていたが、昼頃にはどんよりとした雲が覆って来た。日差しが無いので気温も上がらず、北風が冷たい。
明日は午後から雪の予報が出ているので、工事途中だったシーリングファン・ライトの取りつけを完了させる事にする。
逆脚立の骨組みは出来ているが、化粧板の取りつけを考えると少なくとも、傾斜下側になる化粧板は先に取りつけておかないと、後からの施工はとんでもなく面倒になる。
作業台にスライドソーをセットし、化粧板を切り出す。寸法をチェックすると数ミリの修整が必要なので、それはカンナで調整。
逆脚立が出来上がったところで、傾斜天井への取りつけだが、これが一人で作業すると非常に面倒だ。
なんとか脚立を取りつけ、シーリングファンの設置を行う。
そして配線を行い、どきどきのスウィッチオン!電球に灯がともりファンが回転を始める。心配していた脚立の剛性不足や共振もなく、ファンは静々と回り続ける。

CIMG0613


夕食後、一階とロフトの室温をチェックしてみると、ファン取りつけ前は5度以上の開きがあったものが、2度までに改善されている。
具体的に言うと一階が20度の時、以前ならロフトは25度だったものが22度になったという事。一階の室温も以前であれば、足元は少し低く感じていた(でも不快な寒さでは無い)ものが、温度差を感じなくなりました。


ちなみに、施工中の写真(photo by yoshiko)です。Tシャツ一枚で作業できるほど、小屋の中は暖かいんですよ。05C03024

|

« 何かおかしい2 | トップページ | 山小屋通信(12/4) »

コメント

シーリングファン 付けると 空気かき回してくれるから良いですよねえ。
でも 草妻は 酔うんです。
????ですって?
ロッキングチェアに座ってる人を見るのも駄目なんです。
自分が ブランコでビュ~ン ビュ~ン やるのは好きなんですがねえ。
ファンの羽の陰が 壁やら足元やらに写って 定期的に
動いてるのを見てたら 酔うというか 後頭部が疲れて来て
肩がこって来て、、、。
キャビンでは 大うちわ持って 自分がファンになってます。
息子が 笑います。
「お母さん、よその人が見たら頭おかしいと思われるよ」だって。

投稿: 草刈マッサオの妻 | 2005年12月 4日 (日) 00時32分

あはは、団扇で人力ファンですかぁ。
だったら、適当な音楽をかけて「UTIWA Dance!」ってやったら、流行るかも。ヾ(^^;)

投稿: 飛魔人 | 2005年12月 5日 (月) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/7447054

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(12/3):

« 何かおかしい2 | トップページ | 山小屋通信(12/4) »