« 山小屋通信(1/14) | トップページ | 地雷原 »

2006年1月15日 (日)

山小屋通信(1/15)

CIMG0641昨日の雨が嘘の様に、澄み切った青空が広がる。心配していた北風はどこへやら、なんと南風が入っているじゃぁないの。これは「早く、妻壁を仕上げろ」との天の声に違いない。
作業台にスライド・ソーをセットし、羽目板を引っ張り出して早速、作業に入る。まずは先週の張り残しから作業開始。先週は材料が足りなくなることを恐れて、端材を継いだりしていたのだが、材料は十分に足りている事が判ったので、歩留まりを気にせずに張っていける。とは言っても、妻壁の上部に近づくにつれて必要な羽目板の長さは短くなって来るので、端材の使いまわしが多くなってくるけどね。
午前中の作業で、南側の妻壁の施工を終了。色目合わせせずに張ったけど、眺めてみるとなかなかに良い感じ。

CIMG0643

昼食を挟んで、北側の妻壁も講じを始める。南側を施工したおかげで、必要な段数が判っているので、まずは六段分を一気に加工して張りつけていく。
しかし簡単なのはここまで、七段目からは眼鏡石部分の造作が必要なので、切り欠きの加工が面倒くさい。普通なら壁を仕上げたあとに、眼鏡石の部分をくり貫くので面倒な加工は必要ないんだけどねぇ。
結局、ここがボトルネックとなって時間切れ。まぁ、残りの作業は半日程度の工数だから、よしとしましょう。

しかし今日は本当に暖かかった。外で作業していても、Tシャツにネルのシャツだけで寒くないし、足元からジンジンと凍みあがって来る冷たさもなし。手袋すら必要ないんだから助かった。
片づけを始めた15:30時頃から、雲が張り出してきて気温が下がってきたが、それでも5度はあったからねぇ。

|

« 山小屋通信(1/14) | トップページ | 地雷原 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/8182782

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(1/15):

« 山小屋通信(1/14) | トップページ | 地雷原 »