« 悪しき伝統 | トップページ | 山小屋通信(1/8) »

2006年1月 7日 (土)

山小屋通信(1/7)

年末・年始休暇に山へ出かけなかったので、二週間ぶりの山小屋通信です。(笑)
年末年始の天候状態から、「雪に埋もれてんじゃなかろうか?」と心配していた。林道入り口の積雪がかなりの量だったので「雪かきに二時間かやぁ」とぼやきつつ登っていくと、小屋の周辺には新たな積雪は殆どなく、おむね10cm程度とうっすらと積もった状態。
すぐに薪ストーブに火を入れて、荷物を運び込み除雪開始。年末に除雪しきれなかった部分や、積み上げておいたものの邪魔になっていた部分を、改めて移動したりと作業などの快適さを重点に、除雪しておく。
結局、今日も二時間の除雪作業だったが、ずいぶんと使いかってが良くなったな。

今日は早めに温泉に行き、明日からの英気を養う事にする。この時期、温泉はスキー客でごった返すのだが、連休初日のせいか予想に反して空いておりゆっくりと浸かる事がでkぃてラッキー。
湯上がりに休憩室で、いつもの様にフランクフルトを買いに行ったら、食堂の支配人と目があったので「あけましておめでとうございます」と新年の挨拶。毎週、ここでフランクフルトを肴に買っているので、顔を覚えられているのだ。
したら「フランクフルトの仕入れを換えたのだけど、味はどう?」と尋ねられた。話によると肉質をビーフからポークに換えたのだそうだ。そっか、それで\50の値下げだったのね。
味のほうはこの話を聞くまで、ポークに換えた事すら気付いていなかったので、品質には問題なしという事伝える。
小屋へ戻り夕食の準備。今日のメニューは「鶏の水炊き鍋」。暖かい鍋料理はこの時期、手軽で体が温まるのではずせないね。
空には上弦の月が煌々と輝き、雪景色を幻想的な色で染めている。まるで海の底にいるような気分。
しかし、明日の朝は寒いだろうな・。

|

« 悪しき伝統 | トップページ | 山小屋通信(1/8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/8056653

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(1/7):

« 悪しき伝統 | トップページ | 山小屋通信(1/8) »