« 山小屋通信(1/7) | トップページ | 山小屋通信(1/9) »

2006年1月 8日 (日)

山小屋通信(1/8)

昨夜は早く寝たのに朝寝坊。目は醒めてるのに、体が起きてこない。妻が何度か声をかけてくるのは判るが、体が言うことをきかず結局、11時まで寝床でうだうだうしてしまった。
ようよう起き出して、まずは作業台周りを除雪。あっちこっち氷着いているのを、叩き割ったり日向へ移動して解かしたり。一階の内装工事を始めるために必要なキャスター台の作成と、妻壁の仕上げ作業を行うために準備を進める。
準備が終わり、そろそろ昼飯時だなぁっと思ったところで、奥の方で子供の喚声が聞こえてきた。はて?今日は子供が来ているお宅はないはずだがと、林道を覗いてみると道端に上着らしきものが落ちている(置いてある?)のを発見。すると子供連れの女性が血相を変えてこちらに小走りで近寄ってくる。
その女性が開口一番、「あの、○○ですがスコップをお持ちでしたら貸して頂けないでしょうか!」
なんと林道を挟んだお向かいの方。みるとクルマが雪に足をとられて、動けなくなった様子。はいはい、そういう事ならお手伝いしますよぉ。
まずは、クルマの状態をチェックする。幸いな事に側溝には落ちていないので、牽引すればすぐに終わりそうだな。小屋へ引き返して、牽引道具(スリング、ワイヤー・ロープ、カラビナ等)を積んで、現場へ引き返す。
最初はワイヤーで繋いだが、綻びが有ったようですぐに切れてしまったので、スリングで繋ぎなおして再度の牽引。しかしビクとも動かないんでやんの。
再度のチェックをしたら、ほぼ底付寸前の様子。こりゃぁ、ダメだと小屋へ合板の端材とスコップを取りに戻り、駆動輪のまわりをスコップで掘り返し、合板を噛ませて再度の牽引。
う~ん、通常は「入った方から引く」がセオリーなのだが、こっちではダメっぽいなぁ。幸いな事にスタック車の脇に、すり抜けられるスペースがあったので、前へ引っ張る事にする。
悪銭苦闘すること二時間、ようやく引っ張り出す事が出来たよ。

やれやれと、遅い昼飯を食べ終われば時計はすでに、15:00時を指しており外気温も氷点下6度を示している。これでは寒さで凍えて仕事にならないので、今日は何もせずおしまい。
まぁ、人助けをしたんだし良いことはあっても、悪いことは起こらないだろうからね。ぼやく前に今日も早めに温泉へ。ところが今日は、ダダ混みぢゃぁ~~~!しゃぁないと、普段はあまり使わないサウナにも入って、珍しく一時間近くも湯に浸かってきた。
小屋へ戻り夕食の準備。今日のメニューは「豚しゃぶ」。昨日の残りに野菜を追加してなので、鶏出汁が効いて味の深みが増していて美味しい。

ちなみに、人助けはビールと調味料のギフトセットに化けて、帰ってきました。(笑)
しかし気持ちは嬉しいのだがギフトセットは勘弁してくれ。豪華な包装はゴミにしかならんのだから。

|

« 山小屋通信(1/7) | トップページ | 山小屋通信(1/9) »

コメント

 脱輪した車は何度か拾い上げたけど、一番手軽なのはジャッキでボディーを持ち上げて、落とした車輪を持ち上げること。駆動輪は無理だけど。
 駆動輪を落としたら、何とか車輪の下に板か棒をカマして駆動力を回復出来れば自力脱出が出来るんだけど・・・ねぇ。

 亀になったらどうしようもないかねぇ。

 雪道はチェーンやスノーヘルパー等の補助具が要るよねぇ。
 今時のスタッドレスは良いけど、昔はピンを打っていてもスノーヘルパーは活躍しましたよ。まるでカタパルト。
動き始めればこちらのものだが・・・。

投稿: もと | 2006年1月10日 (火) 23時43分

マッサオ&妻も 溝に車輪を落とした事あります。
ヒヤッとしました。
でも 手動ではありますが ウインチで 自力で脱出しました。
山道へ行く時は スコップとチェーンソウは 必ず携帯します。
行きはよいよい、、でも 帰りには倒木があったりして
帰りは 恐い、、、になることもありますからねえ。
それに 日本と違って 近くの民家までなんて訳にはいきませんから、、。
特に 夕暮れ時に トラブルと カナダは広いなあ~ッと実感します。


投稿: 草刈マッサオの妻 | 2006年1月11日 (水) 00時28分

もとさん、草妻さん、こんばんわ

最近、雪道で脱輪・亀の子になってるドライバーを見ていると、根本的なドラテクの知識の無さが目立ちます。
タイヤのグリップ限界を越えれば駆動も青銅も効かないって、当たり前の事が体験的に身についていないんですよ。
だから雪に填まって墓穴を掘っちゃうんですね。
今回も私が「アクセルはもっと、優しく踏んで」って言ってるのに、全開にしちゃってたから。
タイヤ・チェンは巻かなくても、なにかと使いでがありますね。スノーヘルパーや牽引ロープ替りにもなるから。B310(初めて買ったマイカー)の時代に、いろいろと経験を積みましたわ。

草妻さん、チェンソー必携てのは脱帽です。

投稿: 飛魔人 | 2006年1月13日 (金) 01時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/8061422

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(1/8):

« 山小屋通信(1/7) | トップページ | 山小屋通信(1/9) »