« 仕事始め | トップページ | 山小屋通信(1/7) »

2006年1月 6日 (金)

悪しき伝統

新しい職場で二日目の勤務。直接業務に関る人々は良いのだが、所属組織の本体の連中がねぇ、どうにもいけない。
朝、廊下などで顔を合わせてもこちらから挨拶しないと、一切の挨拶なし。まぁ、虫の居所が悪かったり、挨拶する暇もなく忙しかったりすることもあろうが、それでお客様に笑顔で応対できるのかよ。
更に躾がなってない。最近ではゴミの分別が細かくなったこともあり、ゴミ捨て場が判り難くなっている事もあるが、回収用の箱が一杯になっていても誰も頓着せずに捨てていくので、箱の蓋が閉まらなくなっている。
う~ん、以前の職場ではお局様が(笑)煩かった事もあるけど、もうちょっと皆が気をつけていたし、ゴミそのものが整然と捨てられていたから、いい加減な捨て方をさせない雰囲気があった。
それ以上に気になったのは、自分たちがこれから使う部品の扱いが、(私から見て)えらく乱雑に扱っている異だ。我々エンジニアにとっては「たかが部品」ではあるが、これを訪問したお客様で使うということは、すなわち「納品」も兼ねているって事が判ってないのではなかろうか。
もっとも、よくよく考えてみればこの組織は、私が入社した頃から士気の低さで有名なところだったんだよな。あれから二十余年が経ち、幾度かの組織変更や人員の入れ換えがあったはずなのに、悪しき側面だけは残っているようだ。
部屋の中がなんとなく暗いのは、単にビルが古いからだけではなさそうだ。

|

« 仕事始め | トップページ | 山小屋通信(1/7) »

コメント

 艦船では最初の乗組員(建造中からいる)の雰囲気が退役まで続くと言われています。
出来た時に明るい雰囲気の艦も、暗い雰囲気の艦も、その状態・雰囲気のまま30年ほど持続するそうです。
大変ですね。最初が肝心という事でしょうか。
 雰囲気は人間(環境・状況もあるけど)が作っているものだから、何とかなりそうなものですけどね。

投稿: もと | 2006年1月 7日 (土) 08時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/8038810

この記事へのトラックバック一覧です: 悪しき伝統:

« 仕事始め | トップページ | 山小屋通信(1/7) »