« 一年の計 | トップページ | 週末の天気 »

2006年1月13日 (金)

かんべんしてくれ!

新しい職場で早、一週間が過ぎた。ろくな準備もされぬままスタートした仕事も、なんとかスタート台にまで漕ぎ着けたというか、エンジンの試運転準備ができたというかって段階ではあるが、まがりなりにも歯車が動き始めたと言えるようになった。とはいえ、それは私個人の心構えと感触という意味で、職場全体がといった意味ではない。
なんて書くとかっちょええのだが、やる気なしで椅子に座っているのも辛いので、早く外回りにいきたいだけだったりしてね。あまり前向きな内容の仕事がある職場ではないから、士気が低いのは致し方ないのだが、もうちょっとなんとかならんかなぁ。
おぢさん二人タバコ休憩の度に愚痴垂れまくりだし、課長は課長でなにやら独りで作業に没頭しとらっせるし。
しかも従来からの業務に関して、一笑に移動してきた私に質問するなよぉ~。(^^;;
まぁ、課長としては不慣れな業務とはいえ部下に質問するのは気おくれする部分もあるから同じ不慣れな者同士といった気安さがあるのかもしれんけど、こっちもいい加減な返事はできんから調べたり尋ねたりをしなけりゃならん。この手間が馬鹿にならんのよ。
んで、おぢさん達は「課長はなんだって?」なんて探りを入れに来るから、安気にタバコも吸えん。(苦笑)
しかし、ひじょぉ~~~~に微妙な立場だよなぁ。今後の業務に必要となってくるテクニカル・タームというか、実践経験というか、それを一番持っているのは私だけど、その内容は今までの仕事とは武侠に異なるので、その違いに習熟するのに手一杯で、それが課長やおぢさん達から見ると「あいつは何をやっとるんぢゃ?」になるだろうから、それぞれが理解出来るような表現で説明せにゃならん。

それでもトレーナー(技術指導員)からは、昨日・今日の同行で「来週からは独りで作業してもらおうと思う」との、見極めが出た。これは自惚れではなくて、畑違いとは言えども先月まで最前線で仕事をしていたのだから、当たり前な評価だし、私が実動に入ればそれだけトレーナーは、おぢさん達へマンパワーを回せるのだから、当然の判断であろう。
したら課長は「いや、来週も同行だ」とのたまう。万全を期したい気持ちは判るが、それは無駄だってばぁ。

そんなこんなで、うっぷんが溜まっているところへ、旧職場の課長から電話があり「来週の月曜日はこっちに出社してくれ。みんなに異動する(した)事を紹介するから」と、なんとも間抜けな連絡が。
今さらな理由で呼びつけるってのも不自然な話で、なにやらこっちもきな臭い匂いがするぞ。

|

« 一年の計 | トップページ | 週末の天気 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/8135236

この記事へのトラックバック一覧です: かんべんしてくれ!:

« 一年の計 | トップページ | 週末の天気 »