« 手羽元のローストチキン | トップページ | タオルハンガー »

2006年2月19日 (日)

山小屋通信(2/19)

今日も爆睡は続き、起床は10:30時。07:20時頃に一旦は起きて、薪をくべたりしていたので、そのまま起きてしまえば良かったんだけど、疲れを持ち越しては本末転倒。身体の要求に従って寝床に潜り込んだのよ。

今日のお題は自宅の脱衣所で使う、補修部材の作成。タオルハンガーで書いておいたが、修理に必要な部材を作成する事。まぁ、作業そのものは簡単なので一時間もあれば終わるかな?
まずは1X4材を採寸してきたサイズにカット。その後、トリマーにて装飾を施すだけなのだが、トリマービットが鈍になっている心配があったのだよ。試しに端材を削ってみたら、なんとか使えそうだったのでラッキー。
しかし予想通りに、刃先が鈍っているので切粉が凄ぇ。このビット(ヒョウタン)も買い替えだな。セット品はいろいろと試すには、価格も手ごろなんだけど耐久性がね。まぁ、小さいといえど建物を建てるなら単品で買い揃えないと保たないね。ビットそのものは消耗品なんだけどさ。

CIMG0676
装飾が終わったところで、表面の汚れが気になってサンダーで削る。サンドペーパーも用意してあったjけど、#80のメッシュでも十分に奇麗になったので、こっちは出来上がりとする。
写真はサンダー掛け前と後。メッシュ#80はかなり荒いんだけど、サンドペーパーより仕上げが奇麗かなって気がする。特にオービタルサンダーでは、ペーパータイプでは仕上がりがあまり奇麗にならない。

順調に資材の加工が終わったので、午後は薪割りとゴミ燃やし。予報では15時過ぎくらいから降雨もしくは降雪の予報なんでね。先週、玉切っておいた原木を斧で、パッコンパッコンと割っていく。
ところが水分たっぷりの梅雨明けに伐採された原木の上に、半年近く放置されていたものだから、割る度に皮がはがれて行くぅ~。樹皮も乾燥させれば立派な焚き付けになるんだけど、焚き付けの保管場所が無いから燃やすしかない。う~ん、勿体ないよなぁ。

なんだかんだで、16:00時近くまで作業して撤収は16:30時。今日のコンディションならもう少し作業できたが、予定していなかったから、どうしようもないね。
今年は冷え込みも降雪も、今まで程ではないから、そろそろ金曜日の出発をいてもいいかな。
土曜日が爆睡モードであっても、それなりの作業ができるからさ。

|

« 手羽元のローストチキン | トップページ | タオルハンガー »

コメント

先日、セントレア空港の紹介番組を見て 飛魔人さんちを思い出してました。
マッサオ殿 日本滞在2週間御馳走&酒でが急性痛風????
多分 帰る間際のお土産の風邪引き菌が 関節に来たと思うんだけどねえ、、、。
でも医者は年齢が年齢、しかも足の親指が痛いという典型的痛風症状なので 先ずは検査、、と相成った。
その間、禁酒申し付けられて しょぼくれております。
その最中にセントレアのジャンボ海老フライ見せられて 食いてえ~ッ、、そして あの風呂入りてえ~ッ、、だって。

かくかく しかじか いろいろ、、、ありまして
秘密基地へは しばらく行ってません。
日本の友人からは いつ完成するのか?と やいのやいのの請求。
ああ、はやくリタイアしたい。
数人の友人いわく「はよう完成せんと寿命ほんとに無いぞ」と
脅かされて 帰国した次第であります。
飛魔人さん 救助して~ッ!!

投稿: 草刈マッサオの妻 | 2006年2月20日 (月) 05時28分

久しぶりの日本漫遊を楽しまれた様子。わははは、ジャンボエビフライに、展望露天風呂っすか、σ(^^)も「食いてぇ~、はいりてぇ~」っす。(笑)
秘密基地の完成ですが、「永遠の未完成」でいいんじゃないですか?かのアントニオ・ガウディ設計のなんとかいう寺院なんざ、数世紀に渡って工事してますやん。

投稿: 飛魔人 | 2006年2月22日 (水) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/8747943

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(2/19):

« 手羽元のローストチキン | トップページ | タオルハンガー »