« 山小屋通信(2/12) | トップページ | タオルハンガー »

2006年2月14日 (火)

山小屋での酒肴

山小屋での夜は都会に比べて、非常に長い。そりゃそうだ、入浴は18:00頃には済ませているし、夕食は20:00時には片づけている。更にテレビなんてものは無いし、ネットサーフィンも出来ない。いや、ネットサーフィンは出来ない事は無いけれどコストパフォーマンスが悪いので、やらないだけなんだけどね。
でまぁ、お酒を飲んでいると小腹も空こうというもので、酒肴を兼ねた夜食の出番となるわけだ。
とは言っても、あまり凝った料理を作る気はなく(だいたい酔っぱらっているから)、殆どが炭火であぶるだけと、料理とは言えないものが殆どなんだけどね。

でまぁ、なんでこんな事を書き出したかというと、昨年の夏に購入してシーズニングしておいたスキレットが、錆びてきているのを見つけたから。
このスキレット、ピザ用に購入したものなんだけど、出来合いのピザを焼いているだけではつまらないしと、早々にお蔵入りしちゃった状態。それでも春山菜のシーズンになれば、唐揚げに活躍するからと「見ないふり」していたのが裏目にでてしまったようだ。

そこで何か活用策は無いかと考えていたところ、会社帰りのバスの中で閃いた。「そうだ!手羽元をローストにしてみよう」と。
以前から鶏一羽丸ごとのローストチキンは作ってみたい料理だが、夫婦二人には多すぎる。のびのび日記の もとさんから、「骨つきもも肉だとちょうど良い量だよ」とアドバイスを貰っていたのだが、スーパーでは以外に入手できず試す機会がなかったんだよね。
だけど手羽元なら何処でも手に入るし、量も小分けできるからちょうど良いじゃん。
という訳で、今週末には試してみようっと。

|

« 山小屋通信(2/12) | トップページ | タオルハンガー »

コメント

 紹介されて光栄、光栄(^o^)。

 骨なしモモならスーパーでも安く簡単に手に入るだろうし、分けるのも食べるのも簡単ですよ。

 スキレットは手作りピザや、デザート的なケーキとかも焼けるよ。
今後、ダッチ料理のレシピを出そうと画策中。
酒の肴は要らないし、知らないものなぁ(^_^;。

投稿: もと | 2006年2月15日 (水) 22時40分

骨なしもも肉ね、実はちょっと引っかかっている事があって、採用にいたっていないんです。
一昨年のクリスマスに、骨つきもも肉をローストにしたんだけど、ちょっと火を通し過ぎちゃったんですよねぇ。
んで、そのリベンジを果たさないと、次に進めないみたいな。(笑)

「酒肴」って言っても、殆どは副食(おかず)にもなりますから、ここでは「小腹が空いた時の軽食」って意味合いで使っています。
ケーキも合わせるお酒によっては、立派な肴になりますしね。
チーズケーキはたいていのお酒に合いますし、ブラ鵜ニーの様なカカオを使ったものは、ブランデーやワインにも合いますよ。

投稿: 飛魔人 | 2006年2月16日 (木) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/8665309

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋での酒肴:

« 山小屋通信(2/12) | トップページ | タオルハンガー »