« 山小屋通信(3/11) | トップページ | えっ? »

2006年3月12日 (日)

山小屋通信(3/12)

予報通り、朝から本降りの雨。二人とも外での作業は出来ないので、外壁材の見繕いに恵那まで出かける。
まずは岩村のイズムでチェック。杉野路板(荒材)が180X200の10枚/束で\1980。値段とサイズは申し分ないが、手押しカンナが150mm幅までしか削れないのと、厚みが12mmなのがネックだ。できれば削り代を考えて12mm厚で150mm幅が欲しい。ついでにコートフック用のベース用に、銘木の在庫も物色してみるが、種類・サイズ・値段の全てで、希望に沿うものが無い。とはいえ、ここは割と品が揃っている方なんだよね。むしろこちらの要求が、ニッチ過ぎるって事だな。

次は恵那の「木Point」へ。こちらはお休みの可能性が高かったのだが、ギャラリーは開いていたので妻と共に品定め。
展示は「京屋家具」とウッド・ターニング作品だったが、ここで良さそうな銘木を見つける。ちょっと幅が広いのだが、値段は\4000程で半分に切って使えば、コートフックのベースにちょうど良いサイズ。妻に「どうかな?」と提案すると、木目は気に入ったようだが仕上げがイメージと異なるとの事。それでも形や値段は気に入ったぽいので、材料を探す基準にはなったな。
目的の野路板の在庫や値段はわからなかったが、帰り際に妻が翌週のイベントに気がついた。そういや春と秋に決算セールをやるって言ってたっけ。買うかどうかはともかく、素人が相談するにはこういうイベントの時の方が都合が良いから、一日潰してでも来る価値はあるね。という事で、来週の予定がここで決まりました。(笑)
あと、カーマ・ホームセンターの恵那店まで足を運んだけど、目当ての資材は在庫していない事が判明。ま、こっちは余り期待していなかったけどね。

CIMG0765
山小屋への帰路、上矢作の福寿草を見に寄り道。昨年は三月始めには花を咲かせていたが、今年はどこでも例年より半月遅れで、ここも例外では無く殆どが蕾のまま。
中には開花したらしいものもあるが、あいにくの天気なので黄色い花は全く見られなかった。晴れていれば気の早い株が、黄色い花弁を開いている姿が見られたかもしれないが、やっぱ早かったかなぁ。

今日は町内会の会合(引き継ぎ)も有る事だし、雨も止まないしと早めの撤収。しかぁ~し、帰り際に村有林のクリが伐採されている事に気付いた。くっそ~、もっと早く気付いていれば、「くでぇ~」の交渉ができたのに。来週まで残っているかなぁ。

|

« 山小屋通信(3/11) | トップページ | えっ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/9079479

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(3/12):

« 山小屋通信(3/11) | トップページ | えっ? »