« 山小屋通信(5/7) | トップページ | トイレがぁ〜(涙) »

2006年5月 7日 (日)

山小屋通信(5/8)

今日の天気は晴の予報だが、雲底が低く時折霧雨も落ちてくるという、はっきりしない天気。しかし近所で樹木の伐採が行われ、伐樹が貰えるので全開で作業しないと。

Cimg0876まずは、途中で終わっていた薪の積み替えを済ませてしまう。空っぽになっていた薪棚一号が、満タンになっている光景は昨年の仕事が充実していた証し。しかしこれで二号・三号合計四基の薪棚がほぼ空になってしまった。
しかし積み替えを行った結果、薪のストック量に関して目処が付いたのは大きい。二号を改修すれば二冬分+の薪が確保できるという事になる。

Cimg0873で、早速改修工事を開始。二号の縦枠を6ftに変更する事で、二号・三号の収容力がほぼ五割り増しになる。もっともそれだけの薪を集めてくるのが新たな問題となるが、これまでも「割った薪の収容場所が無い」事で、薪割りが出来なかったケースもあっただけに、収納力が大きい分には問題は無い。

薪棚を改修している途中で、伐採作業が始まった。工務店の社長が挨拶に来て、「貰って頂けるんですね」と再確認された。広葉樹は欲しいが針葉樹は要らないという話が普通なのだが、今回はアカマツも貰うと話をしてあるので、不思議に思ったらしい(笑)。うちでは燃やせるんなら樹種を問わず頂きますよ、薪の収納力が許すかぎりね。
伐採作業は概ね二時間半程度で終了。1m弱に切りそろえられた丸太の量を見ると、う~んナラが一号の1/4程度かな?アカマツはげっぷが出そうな位あるが、燃やしだすとあっという間に無くなるから、あれっくらいでも一シーズン程度か。

午後になって薪棚の改修も終わり、塗装をしていると伐採現場に一台の軽トラがやってきた。作業服を着た男性が携帯でなにやら話しているが、気にせずに作業していると妻が「ねぇねぇ、ちょっと」と寄って来た。
どうやら伐採した樹木の始末が、当初の予定と異なっていたらしく、その確認をしていたらしい。すると電話を切った男性がうちへやってくるではないか。
挨拶をして話を聞くと現場監督だそうで、伐採木を利用する予定であるとの事。しかも施主が薪ストーブの導入を検討中で、ナラの伐採木が必要になうrかもしれないと言うではないか!
う~ん、困ったなぁ。アカマツも必要なのは割頃な太さの物だというが、元口近くのぶっといものは、必要ないので好きにして良いという。なのでこっちは手間が掛かるが問題ないな。
いろいろと話をして、最終的にはうちの山小屋側の分は貰える事になったし、この工務店で伐採木が出た時には連絡をくれるという。となれば目の前の薪よりも、将来jに渡っての安定供給をとった方が、かしこい選択というものだ。

折角の好天だったが、山小屋の工事はせずに薪関係の作業で、連休最終日を締めくくる事になった。予定としては外壁用に用意した羽目板を使い果たす所までが目標だったから、ちょっとばかり不完全燃焼だったが、まぁ予定通りりと自己評価しておこう。

|

« 山小屋通信(5/7) | トップページ | トイレがぁ〜(涙) »

コメント

 施主の気紛れかな。
確かに目の前の薪よりも、予定を狂わされた方がショックな気もするが、災い転じて今後の伐採木の配達が頼めた方が何倍も得。
 100円拾い損ねるよりも100円を定期的に貰った方がずっと良いもんね。
 どうせそんな施主は、薪ストーブの値段を見てまた気が変わって結局薪を持ってくる可能性大。
果報は寝て待てですね。

投稿: もと | 2006年5月11日 (木) 20時45分

伐採の監督に来た社長と、施工監督の担当者との連絡不足ですね。
本来なら施工監督が立ち会うはずだったそうですが、どうしても外せない仕事があって、伐採の監督を社長に頼んだそうです。
そこへイレギュラーを発生させたのが、σ(^^)ですから文句は言えませんわ。八日に立ち会えたのも、こっちにとっては偶然の産物、端から無かったとしても惜しくない。

それにこの工務店は、まったく知らない訳では無いから、未練を残しつつ相手の話を飲んだ方が得策って、計算も働いています。(笑)
で、結果は目の前の五千円より、毎月の千円位になる計算です。
仰々しい薪棚も、「薪用原木、引き取ります」の広告塔として、役に立ってます。

投稿: 飛魔人 | 2006年5月11日 (木) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/10013285

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(5/8):

« 山小屋通信(5/7) | トップページ | トイレがぁ〜(涙) »