« 山小屋通信((6/17) | トップページ | 時計の修理 »

2006年6月18日 (日)

山小屋通信(6/18)

今日は昼頃まで寝坊を決め込むつもりだったが、目覚めてみれば雨脚は弱くなっており、空も明るい。気象レーダーを確認するともう一雨来そうではあるが、午後にはすっぱりと上がりそうな気配だ。

身仕度を整えて外へ出ると、時折雲の切れ間から日差しが落ちてくる!う~ん、雨って予定だったので、なぁ~んも準備しとらんもんなぁ。今週来たのも、妻のこだわりの青ケシの開花が盛りだからってだけだし。(^^;;

といらえず、近所の新築現場から木っ端を回収して来る事にする。既に焚き付け用の木っ端は、保管場所に困るくらいに集まっているのだが、その先の事を考えるとここで「もう、要りません」って訳には行かないからね。
木っ端を回収しつつ、それ以外のゴミも「可燃」「不燃」に分別し、片づけて行く。
昼飯を食べた後は、回収して来た木っ端を、保管し易い板材・角材と木っ端に分別し、木っ端は思い切って焼却する。しかしここ数日の雨で濡れた木っ端は、しっかりと湿気ていて煙がモウモウと立ち上がり、火事と間違われないとヒヤヒヤものだ。ま、梅雨時は延焼の心配が少ないので、ガンガンと燃やすがなかなか減ってくれないねぇ。
ところで「ちょっと、がっかりで書いたその後であるが、やはり”プロの技”は見る事ができなかった。
羽目板をぶっつけにしていた所に、上から化粧材を打ちつけておしまい。こんな仕事なら、ど素人でも出来るわい。セルフビルダーの方が、よっぽど昔ながらの方法で納めているから、”プロの仕事”ってなんなんだろうね。
今週は機会がなかったけど、来週なら現場監督に質問できるだろうから、ちょっと質問をぶつけてみよう。

|

« 山小屋通信((6/17) | トップページ | 時計の修理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/10587153

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(6/18):

« 山小屋通信((6/17) | トップページ | 時計の修理 »