« 時計の修理 | トップページ | 山小屋通信(6/24) »

2006年6月19日 (月)

大須徘徊

時計の電池を買う為に、久しぶりに大須へ寄った。結婚するまでは、大した用もないのにしょっちゅう徘徊していたのだが、結婚以来とんとご無沙汰している。まぁ、最近では大須でないと手に入らない物も少なくなってきているってこともあるけどね。特にパソコン関係の部品なんて、大型の家電量販店でもバルクパーツが売られている時代だし、パソコンのハード面への興味が昔ほどではないって事もあるし、今のパソコンの性能でもあまり不自由を感じていないもんな。

で、まずはお目当ての電池を探しに、第二アメ横のパーツセンターへ。ここは所謂「部品屋」が数軒集まっている一角で、無線や電子工作に必要な各種部品や工具を扱っている。とりあえずグルッと一回りして、お目当ての電池をGET!値段は\280なり。これで交換に成功すれば、1野口君くらいは浮くな。(笑)
お目当ての品が、あっさりと見つかったので久しぶりにあっちこっちをうろついてみる。
まずは定番の「ドスパラ名古屋大須二号店」へ。名古屋ではここが一番、「掘り出し物」にであう可能性が高いお店。狭い店内を見て回ると、最近の情報に疎いこともあるが、7インチの液晶ディスプレイが1諭吉君弱だとか、シリコンディスク・レイヤーが3諭吉君弱だとか、以前なら速攻で購入しただろうな物がぁ。(笑)
で、ここで買ったのは台湾のA-DATA製 SDメモリー 512MB \1890也。私のデヂカメで認識できれば、最大解像度でFINEモードにしても、おおよそ200枚は撮影できる勘定になる。実際にはそこまで撮影する事もないから、実用上ではメディア交換が不用になるって事だ。

次に向かったのは、ドスパラの中古部門である「ジャンパラ大須店」。中古だけでなくアウトレットでのお買いどく品が目当てであるが、今回はちょっと不作だったなぁ。CPUやRAMMも既にわが家のPCに合う規格のものは、店頭から姿を消してしまっていて一抹の寂しさを感じる。確か昨年の「PC修復中」の頃には、まだまだSocket370なPentiumiiiどころか、Slot1なPentiumiiiも売られていたのにぃ。
液晶モニターも中古が出まわり始めているが、価格的にはちょっと食指が動かない。古いものの方が良いパーツを使っているので、耐久性の面では期待がもてるのだが、液晶ディスプレイは、バックライトの寿命がネックだ。

次に回ったのは第一アメ横の九十九電機。一時期は「石を投げれば九十九に当たる」と言われたぐらいに、店舗展開していたが、今ではここだけになってしまい、かつての栄光や何処?状態。それでも品揃えではここが一番かな?売り場の感じからかつてのような自作パーツよりも、簡易サーバーと液晶ディスプレイに重点をシフトしているみたいだ。うちみたいに、前線から退役したパーツでサーバーを組むてのは、もう流行らないみたいね。確かに省スペース・省電力を考えれば、そっちの方が良いか。80GBのHDDが実売価格で¥5000前後だから、4ドライブでストライピング&ミラーでディスク容量160GBのファイルサーバーが、3諭吉君程度で組めちゃうもんなぁ。

ラストは「ドスパラ大須一号店」。既に閉店時間が近づきつつあったが、ここでLaneedのSwhichingHUBを発見。5ポートが¥980で8ポートが¥1480。稼働一週間で壊れたメルコのHUBが¥3000近くした事を考えると、安い!とそれぞれ一台を購入。既にPC側は100Mbpsに対応しているのだが、HUBが10Mbpsだったのよね。ま、実効値で100M出るなんて考えていないけど、内部でのファイル転送のスピードは上がるから、これは買いでしょう。

というわけで、お財布の中身と相談しながら、自宅内環境をアップデートするお買い物だった訳なんだけど、領収書を提出しても予算執行はしてもらえないんだろうなぁ。(苦笑)

|

« 時計の修理 | トップページ | 山小屋通信(6/24) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/10601441

この記事へのトラックバック一覧です: 大須徘徊:

« 時計の修理 | トップページ | 山小屋通信(6/24) »