« 山小屋通信(7/15) | トップページ | 山小屋通信(7/17) »

2006年7月16日 (日)

山小屋通信(7/16)

朝から雨。激しくはないが、なかなか小降りにならない。11:00頃になってやっと、空が明るくなり小降りになってきた。

作業は昨日に続き、パレットの解体と整理。二時間程で解体は終わったが、整理に入ったところで降雨中断ぢゃぁ~。
仕方が無いので昼食を食べて、散歩に出ると二軒隣の新築別荘からお呼びが掛かった。なんでも化粧柱のカビによる黒ずみをとる良い方法はないかとの事。う~ん、カビなら過酸化水素水(オキシドール)で除去できる事は知っているけど、黒ずみまで対処できるかなぁ。
現物を見せてもらったけど、表面のコンマ数ミリ程度だから一番簡単なのは、サンドペーパーで削っちゃうことなんだけど、担当の現場監督からは”つやが無くなるから、削らない方が良い”と言われたそうな。
確かに削ってしまうと、表面がケバ立つから艶は無くなるが、それでも根気に乾拭きを繰り返せば、ケバ立ちが無くなるにしたがい、艶は回復するんだけどね。
上がり込んだついでに、いくつかσ(^^)の目で見た改修ポイントも、プレゼンさせて頂いた。気になる部分はいくつかあるんだけど、さすがに新築物件にケチを付ける訳にはいかないので、安全に関る部分だけ。
実はこのお宅、お孫さんが就学前の幼児なんだけど、デッキのフェンスがクロスデザインで、フェンスの隙間から子供が落っこちる可能性があるのね。なので、地面からの高さがある部分だけでも、改修した方がとアドバイスしたのだ。
そんなこんなを話していたら、雨もあがったんだけど、ネタは忘れたが妻まで引っかかって、長居をしてしまい作業も中途半端に終わってしまった。それでも最後の二時間で、パレット材はほぼ片づけ終わったから良しとするか。

Cimg0936今日の夕食は、ダッヂの蓋を使って、豚ロース肉での”ジンギスカン風鍋”。本来ならマトン(羊)かラム(子羊)の肉を使うのだが、妻が承認してくれなくて、豚ロースでの挑戦。しかし「食べられるものにしてね」とは、随分と失礼な台詞をお抜かしあそばされたなぁ。基本的には鉄板焼き、つまりソテーの範疇に入るんだから、食べられないものになる可能性の方が低いわい!

|

« 山小屋通信(7/15) | トップページ | 山小屋通信(7/17) »

コメント

久しぶり~。
さすがの飛魔人さんも 天候にはてこずってる様子ですねえ。
うちの秘密基地の方は 結局 外壁のモルタルを全部外す事に
決定。
しかし なかなか手強い。
中の金網にしっかりくっ付いてるので やっと3分の1くらい取りはらっただけです
当分は モルタルと格闘しなければ、、、です。
モルタルを外して タールペーパーを外したら中から
シーダーのサイデイングが現れた。
その下には斜めのシーダーの板がある、、、。
なにせ 合板がなかった頃の代物なので 斜めの板&サイデイングの間に タールペーパーらしき物が有るような、、気もする。
島の製材屋に聞いたら シーダーは腐りにくいし すでに
それらしき物があるなら サイデイングを重ねれば良い、
木材は 湿気を閉じ込めなければ良いのだ、下手にペーパー貼りすぎない事が大事と言う。
????迷ってる 情報集めに専念してる、、。
アッ、それと最近こっちではタイベックのハウスラッピングは あまりよくない、、とくに合板&プレストウッドの場合には トラブルが出てきてるらしいという。
故に タイベックを貼る時は 合板に通風の穴を開けてるのを
最近よく見ます。
何か 情報あったら教えてください。

投稿: 草刈マッサオの妻 | 2006年7月18日 (火) 06時41分

草妻さん、こんばんわ

お天気だけは、なんともなりませんわ。晴れ間はそれなりあるんですが、お天気が変化するパターンが、週末に雨なんで苦労してます。

湿気と木材の関係は、製材屋さんが言ったとおりだと思いますよ。防水シートの施工は外部からの水の浸入を防ぐためで、でも内部にこもった湿気が逃げるようにしないとね。

ハウスラッピングのトラブルっておは、こちらでは初めてききます。住宅の防湿や気密性・断熱性に対する認識に関して、日本は完全に後進国ですからね。

投稿: 飛魔人 | 2006年7月19日 (水) 01時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/10967448

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(7/16):

« 山小屋通信(7/15) | トップページ | 山小屋通信(7/17) »