« 巣立ち | トップページ | テント張り »

2006年7月30日 (日)

山小屋通信(7/30)

朝は晴れていたが、時間とともに雲が張り出すが、雲底はわりと高く、雨の心配はなさそうだ。
本当なら外壁工事を再開したい所だが、伐採木の片づけを優先する。いくら許可を頂いたからといって、延び延びにはできないもんね。

ペール缶に火を熾してってのは、いつもの話で今日は久しぶりに、卓上マルノコを作業台に引っ張り出す。小枝をペール缶に投入して炎があがるまで、マルノコで木っ端材を刻んで小割焚き付けを作って行く。
作業は繰り返しで、特筆することなし。

まる二日間をフルに働いて、だいぶすっきりしてきたが、はた目にはあまり片づいた印象はないなぁ。山積みになっているパレットを片づけると、随分と印象は変わりそうなんだけどね。
ざっとで、あと述べ二日かければ、隣地の片づけが終わりそうだな。ちうことは、山小屋の作業再開は来月下旬って事か・・・

|

« 巣立ち | トップページ | テント張り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/11159122

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(7/30):

» weedy yard in a summer day [All I need to do now is to learn English]
I just updated my website of country life (Japanese). Pls, visit! [続きを読む]

受信: 2006年8月 7日 (月) 19時55分

« 巣立ち | トップページ | テント張り »