« 山小屋通信(8/22) | トップページ | 山小屋通信(8/25) »

2006年8月22日 (火)

治具

Cimg0968庇の工事にあたり、勾配定規を作成した。今回はテストピースを作成する都合上、三寸と五寸勾配の二つ。
作成方法は説明する必要もないだろう。合板の適当な切れっ端に墨付けして、切り出して出来上がり。全体の大きさは、シチュエーションに合わせて調整すれば良い。

Cimg0970この定規は墨付けに使うよりも、この様に工具のセッティングに使う為のもの。この写真はスライドマルノコの角度調整の例だが、他にはマルノコガイドのセッティングにも重宝する。
建築で多く用いられる勾配は、三寸・五寸・鉦の三種なのだが鉦勾配は角度表記で45度。これは精度は別として、大抵の電動工具には目安があるし、「トメスコヤ」という便利な工具が売られているので、そちらを用意した方が何かと都合が良いので、三寸と五寸を作って置けば用は足りると思う。

|

« 山小屋通信(8/22) | トップページ | 山小屋通信(8/25) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/11657848

この記事へのトラックバック一覧です: 治具:

« 山小屋通信(8/22) | トップページ | 山小屋通信(8/25) »