« 山小屋通信(7/30) | トップページ | 山小屋通信(8/4) »

2006年8月 4日 (金)

テント張り

明日開催の、「学区納涼夏祭り」の準備に参加した、仕事の中身は「テント張り」。運動会等で本部席に使われるテントと言えば、理解して頂けるだろうか?
そのテントを合計八張り組み立てるだけの仕事。それなりに男手は必要なんだけど、「前日に組み立てなきゃならんのか?」な仕事だ。
私が所属していた某青少年育成団体においては、この手のテントは「マーキー」と呼称されて、張り綱と支柱と幕布で構成されるのもとは区別されていた。まぁ、そんな事はどうでもよろしい。言いたいのはこのテントは「男手三人で組み立て可能」なのである。だから集まった人手を「男性三名、+女性二名」程度のチームに分けて、一斉に掛かれば組立作業は15分もあれば終わるし、倉庫から運び出す時間と配置する時間を計算しても、一時間もあれば終わる作業だ。
なのにほぼ全員で、一張りのテントを組み立てるものだから、人手が余って手持ちぶさたな人は出るわ、一向に作業が進まないわと、悲惨な状況に陥る羽目になる。三張りを組み立てるまでは黙っていたが、見るに見かねて仕切っちゃいましたよ。三張り目を組んでいるうちに抜け出して、残りの五張り分の資材を配置しておいて、人員を割り振り。各テントを回って組み立て方を指示して、一気に五張りを組みたてる。
三張りの組み立てに要した時間が一時間半、残り五張りは45分。やっぱり作業は段取りが八分という事だ。

|

« 山小屋通信(7/30) | トップページ | 山小屋通信(8/4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/11271301

この記事へのトラックバック一覧です: テント張り:

« 山小屋通信(7/30) | トップページ | 山小屋通信(8/4) »