« 山小屋通信(12/15) | トップページ | 山小屋通信(12/17) »

2006年12月16日 (土)

山小屋通信(12/16)

今朝は予報通り、氷点下三度まで下がったが、この時期としては破格に暖かい。
実は今年の作業予定は、この時期には積雪有りで組んでいたので、正直なところする事が無い。
下手に作業を始めて、中途半端な状態で積雪というのも避けたいところだが、このまま薪割り三昧ろいうのも、躊躇われるのだ。

しかし妻から、「早く窓の額縁をつけて」と、催促されたとあっては、放置刷る事もできない。
とりあえず、材料の木取りと仮組みまで終了。プランターボックス付きなんて、言わなきゃ良かった。額縁だけであれば、二次元の造作で済むものを、プランターボックス付にしたことで、三次元の造作となる。
小さな小屋と言えど、建築物は三次元だろうと思われるかもしれないが、どれほど大きくなろうと躯体工事は二次元での作業の連結に過ぎない。しかし造作工事はその建物の「表情」を作る仕事だから、ここの出来の善し悪しが、建物全体の印象に大きな影響を与えるのだ。
更に植木鉢の重量を、どうやったら巧く支えられるかとかの、木組みの問題もあり、それが作業を更に複雑化してる。
結局、午後からの冷え込みで頭が開店せず。ボックス部分の構造については、後日と問題を先送りして作業終了。
本組みの前に、塗装を済ませたいけど、タイミングが難しいな。

|

« 山小屋通信(12/15) | トップページ | 山小屋通信(12/17) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/13088793

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(12/16):

« 山小屋通信(12/15) | トップページ | 山小屋通信(12/17) »