« 山小屋通信(12/16) | トップページ | 12月17日の「あ、安部礼司」 »

2006年12月17日 (日)

山小屋通信(12/17)

昨夜の予報では、雪景色を覚悟していたが、予想に反して雨上がりの曇り空。
薪ストーブも燃えつきたようで、ちょっと寒かった(それでも16・7度はある)ので、起き出した。今日は甥っ子・姪っ子へのクリスマスプレゼントの買い出しや、自治会の仕事もあるので昼には下山予定って事で、のんびりと寛いでいた。

そこへ地元の知人が「お~っす!」と登場。こちらは寝起き姿だったんだけどね、彼は村役場にお勤めで、現在は税務課勤務。山小屋周辺に新たに建った、別荘の資産調査のついでに、立ち寄ったんだそうだ。
で、彼曰く「おまえんとこは、一向に進んどらなぁ。壁が張れたら資産調査して、固定資産税が決まるからな」だって。この台詞には含みがあって、「内部壁が張ったら」というのは仕上げ材ではなく、下地材でも良いから張れた状態を指している。つまり、下地材を張った時点で資産調査を受ければ、その後にどれほど贅沢な仕上げをしようと、固定資産税の税額はアップしないって、暗に示唆してくれているわけだ。
更に「話はかわるけど」と、薪用の原木はいらないかときた。なんでも雑木を伐採したそうだが、処分しきれないそうで、「好きなだけもっていけ、燃やしてもこの冬で処分しきれん」との事。もっとも伐採しだだけで、玉切りをして搬出する手間はこちら持ちなんだけど、搬送用の軽トラも貸していただけるという破格の条件。
山小屋からは少し遠いのだけど、これだの好条件は無いよな。
とういう様な次第なので、来週からは「山仕事通信」になるかもね。

|

« 山小屋通信(12/16) | トップページ | 12月17日の「あ、安部礼司」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/13104042

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(12/17):

« 山小屋通信(12/16) | トップページ | 12月17日の「あ、安部礼司」 »