« 実りの秋(その弐) | トップページ | 山小屋通信(12/3) »

2006年12月 2日 (土)

山小屋通信(12/2)

資材の買い出しもあり、昼頃に出発。山へは、15:00時頃に到着。薪ストーブに火を熾し荷下ろしを済ませて、作業にかかる。

もっとも日没まで時間が無いので、大した作業は無理。東の軒天用の、胴縁を取り付けるだけ。とは言え、物置が有るので作業空間が狭く、物置の屋根に寝そべっての作業だから、時間が掛かる。胴縁を二本取り付けるだけで、一時間掛かってしまった。
まだ少し時間があるので、軒天の加工をと準備を始めたら、霰混じりの霙が降ってきてしまい、作業終了。まっ、仕込みはほぼ終わったから、明日の天気さえ良ければ、軒天は完成だな。

先週、初めて収穫できたシイタケ。今週はどうかと思ってホダ木を確認したら、食べごろが二つと芽がでたばかりが一つ。もちろん、食べごろを収穫して鍋の具に追加。原木栽培ならではの歯ごたえが堪えられない。
来年は焼きシイタケが出来るくらいに、収穫できたらいいな。

|

« 実りの秋(その弐) | トップページ | 山小屋通信(12/3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/12905174

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(12/2):

« 実りの秋(その弐) | トップページ | 山小屋通信(12/3) »