« 山小屋通信(12/30) | トップページ | 山小屋通信(12/31) »

2006年12月30日 (土)

炊飯土鍋

山小屋建設がスタートした頃、電気炊飯器を持ち込んで飯を炊いていたのだが、水加減を変えたりお米を変えたりと、色々と工夫したがどうしても糠臭さがとれず、美味しく炊き上がらなかった為にパックご飯へ全面的に切り替えてしまった。
その後、ダッヂオーブンを購入した時に参考にした本に、「ダッヂオーブンでお米を炊くと、美味しく炊き上がる」との記述を見つけ、もしかすると美味しく炊き上がらないのは炊飯器のせいか?と考えた。
そんな事を考えていたのが、昨年の今ごろだったかな。ホームセンターで炊飯土鍋が売られていたのを思い出して捜し回ったんだけど、その頃にはどこのホームセンターを探しても見つからなかったっけ。

そんな事を山からの帰りに、食事にいくお店で話していたらσ(^^)の誕生日プレゼントとして頂いたのが、今回の炊飯土鍋。貰ってから直に使えば良いようなものだが、諸事情諸々が有りまして今回の試験運用となった次第。
夕食を食べ終えて、薪ストーブにたっぷりの熾火が出来上がっているのを確認して、土鍋を薪ストーブにかける。ビール片手に本を読みながら時折、鍋の様子を窺ったりして待つ事30分ほどか。鍋から上がる湯気が無くなったところで、ストーブへ新聞紙を放り込み空気口を全開、新聞紙が燃え上がると共に熾火が炎に変わる。新聞紙が燃えつきた頃合いを見計らって、空気口を閉じて鍋を降ろして10分程蒸らす。
ドキドキしながら鍋の蓋を開けてみると、立ち上がる湯気と共に香ばしい炊きたてご飯の香りが立ち上る。ちょいと指で摘んで味を見てみると正に「炊きたてご飯」の味がするぅ~!!

炊き上がった三合のご飯を四等分して、ラップで包んで冷凍庫へ。明日は解凍したご飯の味を検証する予定。

|

« 山小屋通信(12/30) | トップページ | 山小屋通信(12/31) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/13267894

この記事へのトラックバック一覧です: 炊飯土鍋:

« 山小屋通信(12/30) | トップページ | 山小屋通信(12/31) »