« 山小屋通信(1/12) | トップページ | 山小屋通信(1/14) »

2007年1月13日 (土)

山小屋通信(1/13)

雲ひとつ無く晴れた為、かなり冷え込んだ。それでも氷点下8度だから、この時期としては暖かいけどね。
今朝はしっかりと朝寝坊。妻の金切り声で起きだしたのが、10:30過ぎだからねぇ。こりゃ、樵仕事は無理だな。(ぉひ!)

Cimg1153身仕度を済ませて最初の仕事は、リョービES336のソーチェン交換から。見ての通りカッターがかなりチビテいます。このソーチェンは弟から借り受けた時から使って来たチェンなんだけど、頓着無しに使って来た為に、石はおろか大地まで切ってしまった為に、カッターが目茶目茶不揃いになっちまったんだよね。今ならそんな事なく使えるんだけど、まぁこれも無知であるが故ですな。

Cimg1155新旧のソーチェン。右が新品で左が旧いやつ。カッターの残りが不揃いなのが、良く判るでしょ?(^^;;
本当写真中央のカッターに合わせて、他のカッターも同じ長さになる様に目立てするのが基本なんだけど、貧乏根性でそこまでやっていません。薪用の玉切りならこれでも問題ないし。

次に、暮れに割っておいた薪を雪の中から掘り出して、薪棚へ収納する。山からの伐りだしが割と順調なので、割れる物は片っ端から割って行かないと、丸太や玉の置き場が足らないのよぉ~。
と、ここまでやって、やっと雪に埋もれている、玉を掘り出して薪割が出来る。この玉は去年のGW明けに伐採された栗。そこそこに乾燥が進んでいるので、堅いが栗は割と繊維が素直なので、割るのは楽だ。
栗を割終えて、暮れに切り出してきた、ネムに挑戦。前に試し割りしたら、えらい苦労させられたが、やっぱり手強い。20cmをクラスになると、グレンスフォッシュをもっても割れない。やっぱ楔を用意しないと駄目かな。
三時の休憩で週間予報を確認したら、水曜日に雪の補充があるらしい。本当は一週間でも良いから天日晒ししておきたいのだが、薪棚へ納める事にした。

結局、薪割りだけで今日は終わり。玉切りはまた今度だな。

|

« 山小屋通信(1/12) | トップページ | 山小屋通信(1/14) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/13477118

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(1/13):

« 山小屋通信(1/12) | トップページ | 山小屋通信(1/14) »