« 山小屋通信(1/13) | トップページ | 週末の天気 »

2007年1月14日 (日)

山小屋通信(1/14)

今朝は寝坊する事なく起床。これなら樵仕事に行けるな。知人の畑は山間の段々畑で、沢には自生化したワサビが繁茂していたりと、面白い場所なので妻に半日だけでもと、一緒に行くように薦める。山小屋に残っていても、雪かきくらいしかやる事も無いので珍しく、話に乗って来た。

準備をして伐りだし現場に着くと、としおさんは既に作業中。一段落したところで声をかけて、私も作業準備を始めたら、(手伝いに残した)妻を案内してくれている。ワサビには気付いていたけど、水芭蕉まで有るとわなぁ。
午前中はの作業は、私は玉切りで妻は藤の蔓の収集(笑)。リースのベース用にってのも妻を誘った理由の一つ。冬場は葉も枯れ落ちているので山に慣れていない妻でも、割と楽に歩き回れるし目当ての蔓も見つけ易いしね。
年末年始に伐り出しておいた丸太を、更に玉切りして軽トラで山小屋まで運んで、午前の作業は終わり。

昼食を済ませて現場へ戻り、伐りだしと玉切りと代わり映えしない作業を、黙々とこなす。
そうそう、新調したソーチェンの切れ味だけど、気のせいか自分で目立てしたソーチェンの方が、切れ味が良いような気がする。明らかに指摘できる程の違いでは無い微妙な切れ味なんだけど、気持ち引っかかっている様な。どこかのブログで「新品のソーチェンは、軽いフックになっている」って書いてあったからそのせいかな。カッターを確認してみると軽いフックになってたし。来週は自分で目立てしてから作業に入るから、その辺りも検証できるでしょう。

|

« 山小屋通信(1/13) | トップページ | 週末の天気 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/13497512

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(1/14):

« 山小屋通信(1/13) | トップページ | 週末の天気 »