« チェンソー事始め | トップページ | 山小屋通信(1/28) »

2007年1月27日 (土)

山小屋通信(1/27)

今日は岩村経由で山小屋へ。岩村のホームセンターで、ハスクの2ストロークオイルをゲット。ちょっと高価だけど、ES336をぶん回す事が増えているので、焼き付かせるよりは良いからね。
あと生物分解性のチェンソーオイルも売っていたけど、こちらはペンディング。合成オイルに比べて変質し易いらしいので、うちの使い方での適否をもう少し検討が必要だから。

今日は出発が遅かったので作業は無し。岩村経由でなければ、多少の軽作業は出来ただろうけどハスクのオイルが目論見通りゲットできたから、よしとしよう。

|

« チェンソー事始め | トップページ | 山小屋通信(1/28) »

コメント

日本ではチェーンソウは やっぱりハスクですねえ。
こっちでは 大木切りのロッガーは ハスク使ってるみたいですが 普通のガーデナー&街路樹管理の会社などは 白人でも日本製を殆ど使ってます。
大工道具なども どんどん日本製が多くなって来てます。
マッサオ殿は DeWALT のなんかもたくさん持ってますが 手が小さいので やっぱり日本製が使い易いと言ってます。
チェーンソウをぶんぶん振り回して大木玉切り~っ、
切るのが無くなったら 基地へ来て倒れかけてるのやら ぶった切って下さい!!
それと もう寒くないので 奥方もどうぞ!!

投稿: 草刈マッサオの妻 | 2007年1月28日 (日) 03時34分

草妻さん、こんばんは。

日本でも40cc未満(特に35cc未満)では、国産勢が頑張っていますよ。
今回、入手したのはハスクのエンジンオイルです。自動車で言えば、レース用オイルといった位置づけになるかな?
薪の伐りだし作業に行っている場所は、傾斜がきつく足場が悪いので、軽量コンパクトなリョービES336ってチェンソーに頼っているのですが、直径15cmを越える樹だとエンジンの負担が辛いんですよ。
エンジン焼き付きで\30kになるよりは、高性能オイル\2.6kの方が家計に優しいでしょ。(笑)

国産の動力工具ですが、アマチュアには手出し出来ない値段ですからねぇ。時々、北米の通販サイトを覗いていますが、ため息が出るほど安いですね。

投稿: 飛魔人 | 2007年1月28日 (日) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/13679372

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(1/27):

« チェンソー事始め | トップページ | 山小屋通信(1/28) »