« 山小屋通信(1/6) | トップページ | 新年の「あ、安部礼司」 »

2007年1月 7日 (日)

山小屋通信(1/7)

明け方04:00時に目を覚まして、外を見ると昨夜の霙は雪に代っていた。まだ降り始めたばかりの様で、「うっすらと雪化粧」程度だ。この程度終わって欲しいなと再度、寝床に潜り込む。
妻の「雪かきしないと、クルマが出せないよ!」tの悲鳴で起きてみると、積雪は15cm程度だが、雪の降り具合は非常に激しいではないか!

とりあえず身仕度し、クルマのに降り積もった雪をどけて、エンジンをかける。コーヒーを飲んだ後にクルマをみると、元の木阿弥状態だった・・・・・
いつもの様に近所のドライブインで用を足して戻ってみるも、雪の降り方は激しくなるも収まる様子は全くない。この降りではチェンソーでの玉切りどころか、屋外作業は全くできないなぁ。仕方が無いので妻とともに敷地内のライフライン(薪棚までの通路)の除雪を行う。
予報では午後から回復に向かうはずなのだが、昼食を食べ終えても一向に収まる様子も無いので、買い物の予定も有る事だしと、14:00時に撤収を決意。

帰路、ホームセンターに寄ってリョービES336用のソーチェン、衣類張りつけ式の使い捨てカイロと、長靴の防寒用中敷きを買い求めるが、防寒用中敷きだけが売っていない。そこでワークマンに立ち寄る事にしてら、なんと猿投グリーンロードが降雪の為通行止ではないか。こりゃ赤津峠も結構な積雪だなと県道33号に見切りを付けて、県道58号経由で梅森店を目指す事にする。ま、これで今週の「あ、安部礼司」を堪能する事ができるね。
ワークマンでは狙いどおり防寒中敷きをGET!する事ができた。これで4シーズン目になる防寒長靴を廃棄せずに済みそうだ。山小屋では地面の凍結が半端ではないので、スパイク付長靴は必須だからね。

今週は何の作業も出来なかったけど、来週末は振り替え休日も含めた三連休。しかも中三日で週末になるし煙突掃除も出来たので良しとしよう。

|

« 山小屋通信(1/6) | トップページ | 新年の「あ、安部礼司」 »

コメント

こっちは 最近 異常気象です。
突風は吹くし、バンクーバーに雪が降ってトロントはゴルフが出来る気候だと言うし、、、。
そっちも 大荒れの天気だとか、、、。
こっちは 草刈家女性軍が荒れ模様!!
マッサオ殿のお尻があまりに重たくてなかなか石膏ボード完成させようという意気込みが感じられない!!
ついに娘が爆発した!!
「お父さん 完成と寿命の相対性理論いつまで研究するの? それより実働促進運動せんと寿命は無い!!」と。
常日頃 マッサオ妻は小型発破をかけてるけど何の変化もなかった、、、。
しか~し 娘の発破はよう利くわ。
さすが我が娘。
おかげで やっとサンデイングに入りました。
来週中のペイントまで たどり着けるか?
これからもマッサオ&妻の闘争は続く!!

投稿: 草刈マッサオの妻 | 2007年1月 8日 (月) 06時32分

 こちらも雪でしたね。
私の方も土曜の夜からの雪で積雪15センチ、午前中降って20センチ。その後も降り続くので夕方には撤収しました。やはり冬は当てに出来ませんね。
もっとも大事な作業は、樹木の元肥くらいで余り無いのですが。

投稿: もと | 2007年1月 8日 (月) 21時53分

草妻さん、こんばんは。

今年の気象、異常っちゃ異常なんですけど、人の寿命の範囲での異常だと思っちょります。
うちの山小屋近辺でも、年に数回は雪に降り込められる事はあるから。

娘さんの発破でマッサオさん、遂に動きだしましたか。施工責任者としては、やはりお施主からのクレームが恐いから、どうしても慎重になりますよ。
「寿命と完成の相対性理論」は、セルフビルダーにとっての永遠の課題ですね。放って置くとエントロピーの増大は拡大する一方だから。我が山小屋はますます、混迷を深めております。生活空間をどっかに移動させないと、作業が進まない・・・

投稿: 飛魔人 | 2007年1月10日 (水) 00時23分

もとさん、こんばんは。

大工仕事は春までペンディングしているのですが、薪作りは今が勝負なんで、少々の焦りを感じています。
「土砂降り」でなければ、玉切りくらいは出来たんですけどねぇ。当日の降雪は「土砂降り」と言って良いくらいだったので、チェンソーを回す気も起きませんでした。

投稿: 飛魔人 | 2007年1月10日 (水) 00時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/13376476

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(1/7):

« 山小屋通信(1/6) | トップページ | 新年の「あ、安部礼司」 »