« 山小屋通信(1/21) | トップページ | 捏造だけでは無かったのか? »

2007年1月22日 (月)

害毒番組は消えて無くなれ!

いつも無茶苦茶な内容を放送している害毒垂れ流し番組、関西テレビ製作「あるある大辞典(フジテレビ系列)」が、捏造した内容を放送したとして異例の「お詫び放送」を昨日行った。
しかしこの番組では過去に散々、根拠の薄い事をさも大発見であるかの如く放送してきた、とんでもない番組だから今さらの感が拭えない。そして今日、花王がスポンサードを止めると発表し、これで事実上の打ち切りが決定したとみて良いだろう。

しかし世にダイエットのネタは尽きまじで、よくもまぁ次から次へとヨタなダイエット方法が出てくるものだと、感心するがこれ、殆どが詐欺みたいなものなのよね。特に「○○を食べて劇痩せ!ダイエット!」なんて奴は、ほぼ100%とと言って良いくらい嘘。
と言うのも人間の身体というのは「太り易く」できており、これは太古の昔の飢餓状態の名残なのだ。人類がその歴史において飢餓を経験しなくても済む様になったのは、先進国に於てもせいぜいがこの百年程度。つまり遺伝子レベルでは飢餓の記憶はまだまだ生々しく残っていることになる。
この状態で極端な偏食によるダイエットを行うと、人間の身体は”飢餓状態”と認識して、生命維持の為に省エネ運転に入り、生命維持に必要なエネルギーを備蓄する様になる。このエネルギーの貯蓄先が「脂肪」だと言うことだ。つまり極端なダイエットを行うとリバウンドするのは、このメカニズムが働く為。
この事からでも、「あるある大辞典」が放送してきた、極端な偏食を招きかねないダイエット情報は、視聴者を欺く詐欺番組と言えるだろう。

ダイエットネタで一番まともな内容なのは、NHKの「ためしてガッテン!」だね。ある食品のダイエット効果を放送するにも、必ず栄養士による調理例を複数、紹介しているし私の経験に照らしても内容が理に適っている。ただ扇子の欠け片もない駄洒落だけは勘弁して欲しいけどね。

|

« 山小屋通信(1/21) | トップページ | 捏造だけでは無かったのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/13622475

この記事へのトラックバック一覧です: 害毒番組は消えて無くなれ!:

« 山小屋通信(1/21) | トップページ | 捏造だけでは無かったのか? »