« 害毒番組は消えて無くなれ! | トップページ | 1/21の「あ、安部礼司」 »

2007年1月23日 (火)

捏造だけでは無かったのか?

昨日のエントリーで「あるある大辞典」について書いたが、考察が足らなかったみたいだ。
中村正三郎さんの中村正三郎のHot Cornerを読んでいたら、気になる情報へのリンクを見つけた。
フジ系列『あるある大事典II』の納豆問題、混乱の原因はどこに(上)
フジ系列『あるある大事典II』の納豆問題、混乱の原因はどこに(下)
フジ系列 『発掘!あるある大辞典II』、放映前に内容が大手に漏洩(上)
フジ系列 『発掘!あるある大辞典II』、放映前に内容が大手に漏洩(下)
「あるある大辞典」納豆問題に、庶民は怒り心頭に発す状態!

これらの記事が事実に基づいて書かれている保証は無いが、「あるある大辞典」の影響で納豆が品薄になっていたのは事実であるし、大手スーパー系列では在庫があった事は、別ソースでも確認しているので「かなり信憑性が高い」と判断して良いと思う。
記憶に新しいところで一昨年の「寒天騒動」を起こした反省から、放映サイドから製造業界へ事前に情報を流し、騒動の防止を計ったとも取れるが、結果をみれば大規模資本のみがその恩恵に預かった事から、納豆製造会社や流通業者(大手スーパー)へ便宜を計ったと見られても仕方がない。
大体、スポンサーだった花王にしても、総合ケミカルメーカーであり、「あるある大辞典」でとりあげた、特定の栄養素(物質)がダイエットや美容に良いとなれば、それはスポンサーの商品の売り上げにつながる訳で、花王はスポンサーを降りたとしても相当の甘い汁を吸っていた事は、容易に容易に想像が出来る。

別の面からみて不思議なのは、これだけインターネットの利用が普及しているにも関わらず、「テレビで放送していた」「新聞(雑誌)に載っていた」と怪しげな情報を、安易に信じ込んでしまう世間の反応である。
十年前であれば、インターネットの利用も今ほど進んでおらず、情報の裏取りは個人においては非常に困難であったが、現在ではそれほど困難な作業ではない。
もりゃ直接な情報がヒットできる歩哨は無いのだが、ダイエットに関しても怪しげなダイエット法の陰に、栄養士や薬剤師・医師といった専門知識をもった方の、理に適ったダイエット指南は数多有るし、それらの記事では「あるある大辞典」に代表される、クズ情報に関して苦虫を噛みつぶした意見が掲載されているのである。
自分にとって都合の良い情報誌か信じないのは、クズ情報を撒き散らかすしか無い低能テレビ屋とおなじレベルで有る事を認識しましょうよ。

|

« 害毒番組は消えて無くなれ! | トップページ | 1/21の「あ、安部礼司」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/13637796

この記事へのトラックバック一覧です: 捏造だけでは無かったのか?:

» 「あるある」放送打ち切りに思う [テニスそしてスキー]
納豆ダイエットのデータ捏造が発覚して大騒ぎになっていた、TV番組 「発掘!あるある大事典2」は、スポンサーが降りたことにより 放送が打ち切られることになった。 [続きを読む]

受信: 2007年1月25日 (木) 05時12分

« 害毒番組は消えて無くなれ! | トップページ | 1/21の「あ、安部礼司」 »