« ばんざ~い! | トップページ | 加奈さんを探せ! »

2007年1月30日 (火)

目立て用具

チェンソーを使用するにあたって、必要なものはいろいろ有りますが、中でも目立て用具はいろいろ戸惑う物が有ると思います。新品を購入すると目立ての基本せ道具(ヤスリとヤスリホルダー)は付属していますが、これだけで取り扱い説明書に書いてある通りに目立て出来る人って、そうそう居ないと思いますよ。そこで私が使っている(使ってみた)物を紹介しようと思います。

Cimg1185是非、揃えて置きたいリストNo.1がこれ、万力(ヴァイス)です。
右の赤いのが「スタンプ・ヴァイス」と言って、伐採現場等で使える様に軽量・コンパクトな専用品です。切株等に打ち込んで使いますが、チェンソーの保持力はあまり強くないので、あくまでも緊急用と考えた方が良いですね。ある程度の太さがある切株でないと使えないですし、直径5cm位の丸太が有れば現場で簡易固定器を作れますので、庭で玉切りする程度であればあえて購入する必要は無いと思います。
左側がテーブル・ヴァイス。これ、もともとはスキー板の手入れ用に持っていた物ですが、チェンソーの目立てにはこれが有ると無いとでは、目立て作業の負担は大きく変わります。本格的な万力が用意出来ればそれに越したことはありませんが、アマチュアであればこの程度で十分です。
万力を用意する目的は「チェンソーをしっかりと固定し、ヤスリを両手で保持する」事に有ります。これにより「楽に正確な目立て」が出来る様になりますから、重要度No.1です。

Cimg1189ヤスリハンドルの色々。
お薦めは左から二番目のハスクバーナ製のハンドル。次点は同三番目のスチール製です。
理由はですね、ヤスリにあるんですよ。ヤスリのハンドルに差し込む部分なんですが、ヤスリメーカーによってサイズが異なるんですよね。酷い時にはメーカーっていうか販売元が一緒でありながら、寸法が異なるケースがありまして、写真の両サイドにある黒いプラスチック製と木製はどちらもオレゴン社の製品だけど、互換性が有りません。
その点、先の二製品はヤスリメーカーの違いを吸収できる様に工夫がなされていますが、ハスクバーナはヤスリの取り付け・取り外しがワンタッチで出来るんですね。
手触りとしては木製ハンドルが一番良いのですが、プロ程目立ての頻度が高くないアマチュアは、ヤスリの購入先もホームセンターが主になるので、ハンドルの互換性を確保する事は大切な事だと思います。

Cimg1187ヤスリです。オレンジのケースに入っているのはスチール製。全てホームセンターで購入したもの。白いのは専門店で購入したもの。
写真では判り難いですが、同じサイズのヤスリでも若干ですがホルダーに差し込む部位は、スチール製の方が細いです。
そのため木製ハンドルの様に、穴に差し込むタイプのハンドルではそれぞれに合ったハンドルを用意しなくてはいけません。ヤスリのメーカーを統一できればハンドルのコレクションをする必要も無いんですけどね。

Cimg1193ハスクバーナ製の目立てゲージ。ピッチやカッターサイズに合わせて数種類あります。デプスゲージの付いたコンビネーション・ゲージもありますが、アマチュアならこっちで良いです。
簡単な構造ですが、不慣れでも正確な目立てが出来る様に工夫されており、何よりも軽量・コンパクトで可搬性に長けているのが良い。
ただローラー部分がゴム製で、使っているうちに摩耗してくるので消耗品と割り切る必要があるのがネックかな。

Cimg1194最後に紹介するのは、「買わなくて良いよ」的製品で、オレゴン社の目立て器。
確かに正確な目立ては出来るんだけど、すっげー手間が掛かるのよね。セッティングにも時間が掛かるし、目立て作業にも時間が掛かるんでお薦めしません。
通常のカッターを縦挽き用や竹伐り用に作り替えるなんて作業には重宝しますが、通常の「切れ味を回復させる」目的には手間が掛かり過ぎます。
砥ぎ減らしたソーチェンが数本溜まってきて、マニアックな使い道を考えるなら買いでしょうが、こいつを買うお金で万力が買えちゃいますから、これは買わない方が良いです。

あと、石や砂を噛んだ丸太を切った場合に備えて、ダイヤモンドヤスリを用意して置くと良いでしょう。カッターが石や砂を噛むと、焼きが入って硬くなり通常のヤスリでは削れなくなりますし、ヤスリの寿命を縮めます。そゆ時に焼きが入った分を削り取るのには百均で売ってるダイヤモンドヤスリが重宝しますよ。
あとヤスリの寿命ですが、焼きが入っていなければ三回程で「毛反り」と呼ばれるバリが上刃に出て来ます。逆に言えば三回擦って「毛反り」が出なくなった時が、ヤスリの寿命です。五回擦っても毛反りが出ない様であれば、そのヤスリは迷わず捨てて新しいヤスリを卸しましょう。砥げないヤスリでは目立て出来ませんから。


|

« ばんざ~い! | トップページ | 加奈さんを探せ! »

コメント

チェンソーの目立て研究をされておられるのでしたら
「キマルの開発日記」http://plaza.rakuten.co.jp/kima4093555/を検索してみてください。

機械的に簡単・早く・正確にチェンソー目立てが出来ますチェンソー目立て装置を紹介をいたしおります。

もし、貴殿が実際に使用しますと、なぜにこんな簡単な方法で 理想的に新品刃の切れ味に目立てをする方法が今までになかったのか、必ず不思議になると思います。

そして、「キマルの開発日記」にも コメントをお願いをいたします。

投稿: キマル | 2012年3月 2日 (金) 13時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/13710940

この記事へのトラックバック一覧です: 目立て用具:

« ばんざ~い! | トップページ | 加奈さんを探せ! »