« 山小屋通信(3/10) | トップページ | 目立てのタイミング »

2007年3月11日 (日)

山小屋通信(3/11)

昨夕の食事を終わった頃から、霰が降り出してみるみる間に、地面が真っ白になっていった。
今朝はガスったなか、春の雨が降ったり止んだりと不安定な天気。しかし昨日のあさに比べれば、暖かいよな。
ところが身仕度を終える頃になると、青空が広がり出すがそれと共に冷たい北風が吹き抜ける。
できれば、午前中だけでも作業をと思っていたがこの北風で、一気に戦意喪失。夕方のお通夜もある事だしと、草々に帰り支度を始めてお昼には帰宅の途へ。帰る頃には白い物が舞っていた、”寒の戻り”に相応しいコンディションだった。

|

« 山小屋通信(3/10) | トップページ | 目立てのタイミング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/14232607

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(3/11):

« 山小屋通信(3/10) | トップページ | 目立てのタイミング »