« お葬式 | トップページ | 山小屋通信(3/21) »

2007年3月20日 (火)

腕時計

先日の葬式に出席する為に身仕度を整えていた時に、腕時計の電池が切れて止まっている事に気がついた。あちゃぁ~ですな。
電池切れになったのは、何年か前の誕生日に妻がプレゼントしてくれた、割とシックなデザインのもの。普段使いの時計は、勤務中でも割と過酷な環境にさらされる事も多いので、ヘビーデューティなモノを選ぶんだけど、それらだとフォーマルな装いにはバランスを欠く訳でして。でも、先々週のお葬式の時にはまだ動いてたんだよな。
んで、手持ちの電池で間に合わないかと、裏蓋外しに挑戦してみたが見事に玉砕。嵌め込み式の裏蓋なんだけど、外す位置がさっぱり判らん。指先に神経を集中して、裏蓋をなぞってみるもコツとも引っ掛かりが感じられないんだよね。こりゃ、電池交換に持込むしかないか。

実は、あまりファッションには鬼を回す方ではないけど、腕時計だけはTPOに合わせる人間でして、仕事に使っているのは、CASIOのPRO TREK TWIN SENSOR。気圧と温度のセンサー装備でして、ベルトを布製ベルクロタイプの物。趣味性が強い時計の割にはあまりゴツい雰囲気もなく、技術系の仕事ならばスーツに着用してもあまり違和感を感じさせないもの。一度は電池切れで放って置かれたものを、DIYで電池交換して復活させたもの。24時間の気圧変動をグラフ表示できるので、天候の変化を予測するには便利なのよ。

週末の山行きは、やhりCASIOのG-SHOCK WAVE CEPTOR。所謂”電波時計”でして、太陽光発電で電池交換不要のモデル。これも妻からの誕生日プレゼントなんだけど、その前に山用時計としてクリマスに妻へプレゼントしたお返し。
G-SHOCKモデルだけあってかなりゴッツいデザインなので、使うシチュエーションは限られますな。ただ電池切れの心配だけはいらないので、週末限定使用向きではあります。

とまぁ、三つの腕時計を使い分けている訳ではありますが、実はもう一つ有ったりするんだな。こっちはSEIKO DIVER。150m防水のモデルで社会人になりたての時に、ボーナスを奮発して買った奴。購入してから二十数年間、電池交換だけで使ってきているので、ムーブメントがくたびれて来ているのか、電池交換しても時々止まっちゃったりする。さすがに完全水没する様な使い方はしていないんだけど、電池交換の度に水分の侵入跡だけは確認してもらっているんだけどね。こいつを復活させるかどうかはちょっと迷う所。復活させても使う場が無いのよね。

|

« お葬式 | トップページ | 山小屋通信(3/21) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/14332058

この記事へのトラックバック一覧です: 腕時計:

« お葬式 | トップページ | 山小屋通信(3/21) »