« 山小屋通信(4/20) | トップページ | 山小屋通信(4/22) »

2007年4月21日 (土)

山小屋通信(4/21)

今日の予報では終日曇りだが、それを信じるほどお人好しじゃない。ピンポイント予報よりも崩れる時は早く、回復は遅いのが、ここのセオリー。
騒音の出る作業は、八時以後に開始するとして、昨日燃やせなかったゴミ燃やしから。林内から枯枝を拾い集めて点火。ついでにアカマツの枝も、燃やしてしまおう。

Cimg1287八時を待って、薪棚工事再開。ポリカ波板を張っていく。
昨日の作業の続きなので、進行そのものは早く一時間半程で張り終えた。この頃から雲が広がり始め、雲行きが怪しくなって来た。
隣地に無断で山積みしている薪を収容するか、それとも塗装をすべきかで迷っていると、妻から「やらなきゃいけにんだから、塗装しちゃえば」と、背中を押されたので、一服した後に塗装をする。
したら一回目の塗装を終えたところで遂に、雨が降り出す。レーダーで確認すると、雨雲はこの一帯に掛かっているだけ。通り雨と判断すると、三十分程で雨は上がる。しかしまた三十分程で怪しい雲行きになるし、塗装も二度塗りまで終えたので少し早いが昼食にする。

午後は本腰を入れて、アカマツをの処理に。素手で折れるものはそのままペール缶にくべて、折れないサイズはチェンソーで玉切っていく。この作業にはHusqvarna333を使った。購入してから初めての全開使用だ。夕方までアカマツを燃やしながら使って。作業終了後に燃料とオイルの残りをチェックしたら、どちらもガス欠寸前。チェンオイルはもう少し絞っても良さそうだが、燃費はあまり良くなさそうだなぁ。
STIHL026と同じ感覚で使うと、ちょっとまずい事になりそうな予感。パワーが有る分、燃費が犠牲になるのは仕方が無いとしても、慣れるまでは燃料の残りに気をつけてやらないといけないな。

昨日・今日とフルに動いたので、結構疲れた。明日の予報は終日雨。何しよっかな。

|

« 山小屋通信(4/20) | トップページ | 山小屋通信(4/22) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/14798304

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(4/21):

« 山小屋通信(4/20) | トップページ | 山小屋通信(4/22) »