« 山小屋通信(4/28) | トップページ | 蕾、膨らむ »

2007年4月29日 (日)

山小屋通信(4/29)

夜中にトイレに起きた時には、辺りは霜で真っ白だった。メモリ付温度計で最低気温を確認すると、氷点下3.3度。寒かったはずだ。
起床時には青空が広がり、気温もグングンと上昇。春の陽射しが眩しいくらい。

まずは昨日の残り作業である、なめ茸の駒打ち。昨日と異なり日差しがあるから、手際良く打たないと種駒が干からびてしまう。種駒は日陰に置いて乾燥を防ぎつつ、瓶から取出すのも最小限に押さえる。
午前一杯掛って、なめ茸の500駒も駒打ちを終えた。
今回の原木が、上手く菌が活着しても収穫出来るのは、早くて来年の秋。気の長い話だが、それでも楽しみだ。

お昼では有るが、あまりお腹は減ってないので、薪の積み替えにかかる。先週で薪棚三号まで完成したが、針葉樹薪用の棚も一基必要なんだな。三号棚が空いているうちに、針葉樹薪棚を作ってしまうのだ。
ところが、積み替えを始めた途端に、薪積みが崩壊。前回の崩壊時に、”どうせ、積み替えなきゃならんから”と、やっつけ仕事で積み直したのが徒となった。
崩れた薪を拾いながら、手応えを頼りに乾燥済みと未乾燥薪を選別しながら、三号棚へ積み込んで行く。積み終わった段階で、概ね半々かな。二時間程で積み替えも終わり、遅い昼食を取る。

食後は時間が中途半端なので、アカマツの処分枝の玉切りと、チェンソーの手入れ。ブログのチェンソーネタの為に、写真を撮っておかないと。
アカマツ処分枝も大分、整理出来て来た。もう三日程あれば全て処分できそうだから、連休中にはなんとかなりそう。これが片づかないと、薪割り台の周囲が片づかない。
明日は、四号棚の基礎作りだな。


|

« 山小屋通信(4/28) | トップページ | 蕾、膨らむ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/14887736

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(4/29):

« 山小屋通信(4/28) | トップページ | 蕾、膨らむ »