« 街で見つけたもの | トップページ | ショート・インプレッション »

2007年4月 9日 (月)

街の景観

山小屋を自分で建て始めてから、街の景観が気になるようになった。
きっかけは小屋の外観をデザインするために、”良いな”と感じた建物を観察する様になったから。
そしたら、すげgぇサイトを見つけた。あ、私が自力で見つけた訳では無くて、ツーバイフォー工法について、WEBで調べていた時に出会った、鵜野日出男さんのブログに紹介されていた。

題して「美しい景観を創る会」の中にある、「悪い景観100選」。実際には「悪い景観70選」と「改善事例30選」で構成されているのだけどね。
これを見るとやはり、建物のデザインは周囲の風景に合わせてこそ生きて来るものだなぁと、実感させられる。
実際、自分で見つけた「素敵な建物だなぁ」と感じさせられた家は、全て風景にマッチしてたんだよね。
その意味では、山小屋のデザインや、外壁材の選択は間違っていなかったと思う。確かに木は耐久性に難があるけど、それはメンテナンスの手間を掛ける事で解消できるし、いくら耐久性が良いとは言え、金属サイディングは森の中には似合わないんだよねぇ。
山小屋の周囲も別荘用地として切り売りされちゃって、何棟か別荘が建ったんだけれど、不思議とプロが建てた別荘には、真似をしたくなるようなアイデアは皆無なんだな。対して、セルフビルドからは例えキットログであっても、「これは!」ってアイデアがあるのが面白い。

この違いって、何なんでしょうね。


|

« 街で見つけたもの | トップページ | ショート・インプレッション »

コメント

「建物のデザインは周囲の風景に合わせてこそ生きて来るもの」に同感ですね~。
ヨーロッパの田舎の風景が美しいと感じるのは、町並みが周囲の風景とマッチしているからだと思う。

イギリスでは確か町並みの美観を保つために(高さも含めて)近代的な住宅の建築は禁止されているようだったかな。
なので、昔からの建物を改築しながら大切に住まわれているらしいよ。

後、やはり町の美観を損ねるとのことで、日本のように電信柱が地上にないのがいいよね~。いくら綺麗な写真を撮ってもこの電柱が邪魔をしてますね(^^;

投稿: よしこ | 2007年4月12日 (木) 10時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/14627852

この記事へのトラックバック一覧です: 街の景観:

« 街で見つけたもの | トップページ | ショート・インプレッション »