« タイヤ交換 | トップページ | 山小屋通信(5/13) »

2007年5月12日 (土)

山小屋通信(5/12)

今日も良い天気。明日の予報も、雨から晴れへと、好転した。
なのに、今週は昼過ぎからの山小屋入り。昨夜、残業で遅くなった私に、妻が「遊んでたんじゃないの」等とのたまうものだから、一気にやる気が失せたため。

ま、そんな話は置いといて、今日の作業は薪割り。夏の焚き火用針葉樹薪の必要量は、半端では無いからだ。昨年に仕込んでおいた薪は、半分程が実戦投入可能で、残り半分は後半年程の、乾燥が必要。
それに、大量のネムノキも早く割らないと、原木の置き場が空かない。
まずは、一号棚の隙間へ二号棚から薪を補充する。今年は冬場の滞在時間が長かったから、二年物候補のp量は、昨年の1/3程度。常時、二年物がストック出来るのは何時になるのやら。
次に、先週に割っておいて、「天晒し(断じて”雨曝し”では無い」しておいた薪を、薪棚に積み上げる。チェンソーで処理したネムのノキは、ちょっとサイズがデカかったみたいで、積み込みにくい。もう少し、切り方を考えないといけないな。
薪割り台の周辺が片づいたので、薪割りを始める。アカマツ・カラマツ共に、四分割するとちょうど良いサイズになる、手ごろな丸太なので、気持ち良く割って行く。が、えてしてこういう時に、事故・ミスが起こる。
少し無理のある体勢で斧を振り下ろしたら、腰に負担が掛ったようで、いやぁな痛みが・・・・
時間もそろそろ、18:00時だしという事で、今日の作業はここまで。温泉にゆっくりと浸かって、少しでも回復させないと。

新たに導入した、Hasqvernaの薪割り楔。日本では”金矢”と呼ばれるものだが、試験的にネムノキに挑戦したが、これも駄目だった。う~ん、やっぱチェンソーで刻むしかないのかなぁ。


人気blogランキングへ

|

« タイヤ交換 | トップページ | 山小屋通信(5/13) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/15044724

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(5/12):

« タイヤ交換 | トップページ | 山小屋通信(5/13) »