« 山小屋通信(5/5) | トップページ | フック刃の修正 »

2007年5月 6日 (日)

雨の日曜日

昨夜から降り出した雨は、今朝になって本降りとなっている。今日は近所の川の清掃奉仕だけど、こりゃ中止だな。そんな事は判りきっていたが、集合場所である小学校まで行かないと、決行・中止が判らないので、雨の中を出かけて行くと、やっぱり中止。

帰宅してひとしきり、WEBの海を彷徨った後に、弟のパソコンの修理に取り掛かる。修理といっても、ハードディスクとDVDドライブを交換して、Windowsをインストール。可能であれば旧ハードディスクからデータのサルベージと、それほど難しい話じゃない。
んで、弟が買って来たハードディスクを確認すると、165GBですとぉ~~?!Win2000では素のままでは128GBまでしか認識せんのんよ。いや、レジストリにエントリを作れば問題無いんだけどさ。それと大容量のディスクって、フォーマットに時間が掛るから、ロスタイムが多いのよね。

文句を言ってても始まらないので、とりあえずSystem領域として30GBを確保して、Windowsをインストール。必要なデバイスドライバーのインストールが終わるまでに二時間弱かな。
ほんでSP4をダウンロードしてインストールして、I.E6.0とMS Updateをインストールして、セキュリティパッチをインストール。これでパソコンとしては使える様になったので、レジストリを編集してハードディスクを全量認識出来るようにして、ApricationとData領域を設定してそれぞれをフォーマット。

旧ハードディスクを接続して、データサルベージを試してみると、おぉ!データが読めるじゃないの。必要そうなデータをコピーして旧環境から変更した点や、データのバックアップ先などの説明をテキストに認めて作業終了。
アプリのインストールまでは頼まれていないしね。それでもトータルで6時間程かかったかな。作業時間の半分はフォーマットとデータのコピー時間だったけどね。

Windows2000でCDブートがサポートされて、インストール作業がすごく楽になったんだけど、最近ではハードディスクの大容量化で、ディスクフォーマットに時間をとられて復旧作業に時間がかかる様になってきている。
Windowsも2000以後は(Meというクソもあったけど)、ユーザーインターフェースも改良されて通常の作業では使い易くなってきているけど、データの生存性やバックアップのし易さ等には首を傾げざるを得ない仕様もあるよね。
だけど、フォーマットにかかる時間は、もちょっと何とかならんかなぁ。


|

« 山小屋通信(5/5) | トップページ | フック刃の修正 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/14993888

この記事へのトラックバック一覧です: 雨の日曜日:

« 山小屋通信(5/5) | トップページ | フック刃の修正 »