« 山小屋通信(7/1) | トップページ | 王滝村の青ケシ畑 »

2007年7月 2日 (月)

「お手盛り管」

DIYやセルフ・ビルドのおいて、特に土木工事では必需品とも言える道具に、「水盛り管」という工具が有る。原理としては透明なホースに水を満たした場合、ホースの両端は必ず同じ高さになる事を応用して、水平を出す為の工具だ。
しかし、ホースだけだと水面の変化が激しく、扱い難い上に作業に二名が必要になるので、効率が悪い。そこでホースの一端に水タンクを備えて、水面の変動を穏やかにしたのが、「水盛り管」と呼ばれる工具。市販品もあるが、そこそこ高価(概ね\6000前後)な上に、個人では滅多に使用する機会が少ないので、市販品の購入は躊躇われる物の代表でもある。

Cimg1383対費用効果かから購入出来ないのであれば、原理は簡単なものなんだから、作ってしまえと製作したのがこの写真。名付けて「お手盛り管」である。
この「お手盛り管」だが、実は小屋の基礎工事に使う為に作成したのだが、その時にはまったく役に立たず、今回の工事で初めて実用に供されたという一品でもあるのだ。(^^;;
その理由はタンク部を保持する機能を考えていなかった為なんだけど、当初はカメラの三脚を使う予定だったんだよね。ところが肝心の三脚が何処へ仕舞い込んだのか見つからなかったのよ。今回、日の目を見たのは写真に有る様にスタンドを手持ち備品で調達出来たから。見ての通り、スタンドはウマとタープの支柱で、ハンガーはキャンプランタンのハンガー。この組み合わせで、水タンクを任意の高さに保持出来る事に気がついたって訳。
又、ウマとプールで、地面の任意の位置に設置できるの様になってやっとまともに使う事が出来た。

ただ、これで全ての問題が解決した訳ではなくて、例えば指定された高さで水平を出さなければならない時には、タンク位置の微調整が難しく時間がかかるという問題も抱えている。他にもタンク底部に突き出しているパイプが長過ぎて、低い位置には設置出来ないとか、使い勝手に関しては未解決の問題も有るけど、この組み合わせで格段に使い易くなった事は確かだ。
惜しむべきは、こいつが活躍する当面の予定は、ウッドデッキの工事位しか残っていない事。


人気blogランキングへ

|

« 山小屋通信(7/1) | トップページ | 王滝村の青ケシ畑 »

コメント

書き込みはしてませんけど、
ちょこちょこ覗かせていただいてます。
常時工事中って、すごく楽しそうでいいなぁ。
作るのもだけど、工具の工夫も。(^▽^)

ところで、微調整ですが、タンク位置を調整するより、
水量を増減させた方が楽じゃないかなぁと思うんですが、それじゃうまくいかないかな。
もういっこ、
ホース端側に、色のはっきりしたプラスティックプレートを浮かべたら、
水面が読み取りやすくなりませんか?

投稿: pandora | 2007年7月 3日 (火) 07時05分

pandora姐さん、いらっしゃい。

水の増減!そっか、その手があったか。
山小屋では水は貴重品なので、その発想は浮かびませんでした。
水面の読み取りは、墨汁や入浴剤で着色する方が、読み取りはし易いですね。フロートだと、無くした時には大騒ぎになっちゃいます。(^^;;

常時工事中って、作業が進んでいる間は楽しいんですけど、天候やら資金やら資材の都合等で、停滞した時が辛いです。
もっとも、そいふ時はチェンソーや薪割り斧を振り回しているから、やっぱり楽しいのか。

バイクに慣れたら、是非ツーリングに来て下さいね。山小屋から半径50km内はどこえ行っても、ツーリングに絶好の道が揃っております。日帰り温泉も一杯あるよ。

投稿: 飛魔人 | 2007年7月 3日 (火) 22時59分

あ、そっか。<墨汁

入浴剤ってのはおもしろいですねー。
水が貴重ってのは気がつきませんでしたが、
入浴剤入りならあとで再利用できる気が。ヾ(^^;)そうか?

バイク挑戦の大きな動機が山小屋襲撃でしたので、
ぜひ行きたいと思ってます。
1日どのくらい走れるかとか、どういう道に弱いのかとか、
今年はまず、「身の程を知る」ですね。

目標は来夏。

早くしないと竣工しちゃうと思ってたけど、
いつ行ってもどこか工事中のようなので、楽しみです。(^◇^)

投稿: pandora | 2007年7月 4日 (水) 00時39分

pandra姉さん、こんばんは

一日の走行距離は、ライダーの体力と道路状況にもよりますが、400km位はいけるでしょう。
二十歳の頃に松本市から羽咋市まで、かっとび原チャリで走った事あります。
二輪車でのツーリングで大変なのは、ナビゲーションですね。全行程が暗記できる程度に、田舎みちなら楽なんですが。
山小屋襲撃の際は、我が家で一泊して頂くのも、一考の価値有りかもしれません。

投稿: 飛魔人 | 2007年7月 6日 (金) 00時39分

400kmは無理。^^;
走れなくはないと思うけど、
どこかで焦ると、事故が怖い。^^;;

先日、初めての道を80km走るのに、2時間半かかりました。
道確認と休憩で、+20分。^^;;
安全運転で、途中の街なり景色なりも楽しんで、となると
1日せいぜい300km前後で計画した方がよいのではなかろうかって気がします。

ナビはねー、
とってもアナログですが、
事前に地図を分かりやすく手書きしてます。

地図帳も持ち歩きますが、
私の場合は「書く」というのが、ある程度頭にはいるのでいいみたいです。

投稿: pandora | 2007年7月 8日 (日) 09時00分

pandoraさん、いらっしゃ~い(^o^)/

山小屋はいつでも工事中ヾ(^^;)なので、来年の夏でもきっと楽しい工事現場が見れますよぉ~(^o^)

お泊りとなると・・・そうそう、工事現場にそのままごろ寝って感じを想像してくれれば、OKですよん(笑)

投稿: よしこ | 2007年7月10日 (火) 19時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/15632561

この記事へのトラックバック一覧です: 「お手盛り管」:

« 山小屋通信(7/1) | トップページ | 王滝村の青ケシ畑 »