« 山小屋通信(7/29) | トップページ | トラックバック »

2007年7月30日 (月)

このぉ樹なんの樹

Cimg1123_2「このぉ樹、何の樹気になる樹ぃ~」
昨年の暮れに、知り合いから薪用に貰ったのだが、正体不明の樹である。とうの知り合いに訊ねたら「ネムノキだったと思う」との事で、そのまま信じ込んでいたのだが、ネムノキとは明らかに樹肌が異なる事が、最近になって判明した。んじゃ、これはなんの樹なんだ?

しかし、漸くこの樹の正体が判明した。この樹の正体は「ウダイカンバ」。
正体判明のきっかけは土曜日の事。顔見知りの現場監督に「これ、なんて樹か判りますか?」と、入手した経緯などを説明して鑑定してもらったところ、「こりゃ、カンバだ」との回答。
ん?カンバって亜高山帯に生える落葉低木のダケカンバの仲間って事?けどこの樹は手元にあるものでも、直径は20cmを越えているから、相当の高木だったと推定できるんですけど?
そこで、仕事の合間を縫ってWEBで検索をかけて調べてみたところ、ウダイカンバにほぼ間違い無いとの確信に至りました。

でもねぇ、「カンバ」をキーワードにしても、引っ掛かってくるのは「シラカンバ(白樺の事)」ばっかでさぁ、それと平行してダケカンバがヒットする程度で、ヒットしたうりの殆どは「カンバニゼーション」だったりしてね。
ただ、カバノキ科のに「○○カンバ」の呼び名が多いことから、「カバノキ」で検索したりして、なんとか同定でき訳なんよ。

Cimg1390ところでネムノキですが、今の時分に花が咲くのですね。半月程前から、道中で淡い桃色の花を付けている樹が気になって、写真を撮って知り合いのガーデナーに訊ねたら「ネムノキだね」と一言で終わり。まぁ、この一言があったおかげで、樹種が同定できた訳で。

人気blogランキングへ

|

« 山小屋通信(7/29) | トップページ | トラックバック »

コメント

ネムノキ、、合歓の木って書くんですよねえ。
昔々、長男が帰宅したばかりの新米ガーデナーのマッサオ殿に言った。。
「お父さん、お客さんからゴウカンノキ あるか?ってFax来てるよ」
それを聞いたマッサオ殿&妻
フギュ~ッ?
「ゴウカンノキ?強姦の気?」
小学校5年で カナダに来たばかりの息子がお客のFaxの合歓を呼んだのだった!!
一瞬、フギュ~ ムギュ~
後は ゲラゲラ ははっはっは
すんません!!
バカ話で、、、、。

投稿: 草刈マッサオの妻 | 2007年8月 1日 (水) 23時30分

草妻さん、こんばんは。

「ゴウカンノキ」とな、そりゃいくらなんでもねぇ。でも小五なら仕方ないですね、楽しい思い出話。
ん?「カナダに来たばかり」って、日系のお客様だったのかな?そして、カナダにもネムノキはあったのかな?

投稿: 飛魔人 | 2007年8月 1日 (水) 23時51分

カナダにネムノキ、、ありますよ~!!
実を言うと 初めてネムノキを見たのはカナダです。
ほんわか~、、、ピンク、、、なんとも優しい感じ、、
あれは何という木?、、と思ったてマッサオ殿の同業者に聞いたらネムノキでした。
まあ、長男も移住してきたばかりの身で 親を助けようと頑張ってくれたんでしょうねえ。
でも 合歓、、、どうやったって ゴウカンですよね。
この長男にコミヤガンって??って聞かれた事がある。
マッサオ&妻、、、???
カナダガンってあるのがいるから ガンの一種じゃないの?って答えた、、、。
でも、何となく 話が合わない、、、。
それもそうじゃろう、、、て。
コミヤガンは子宮ガンだったのだ~ッ!!

投稿: クサカリマッサオの妻 | 2007年8月 3日 (金) 14時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/15953578

この記事へのトラックバック一覧です: このぉ樹なんの樹:

« 山小屋通信(7/29) | トップページ | トラックバック »