« 山小屋通信(7/22) | トップページ | 民放のお馬鹿ぶり »

2007年7月23日 (月)

体脂肪率と体内水分量(考察一)

7月18日のエントリーで、「体内水分量と体脂肪率に関係があるのではないか」と書いたが、ちょっと興味深いデータがとれた。
まず、18~20日の三日間は当番で内勤だったのであるが、この三日間では体重が64.4kgで一定していたのに、体脂肪率は18%→16%へと減少していった。
次に今日であるが、今日からは外勤であり日中の気温も上昇し、たっぷりと汗をかいたので、体重は63.8kgと減少したが、体脂肪率は18%へと増加している。体重が減った分を発汗で失われた水分と仮定すれば、体脂肪率が上昇したのは、体内水分量が減ったからとの仮説を裏づけている事にならないかな?

まぁ、結論づけるのはまだまだ早いけど、こういう楽しみ方も有りだと思う。

人気blogランキングへ


|

« 山小屋通信(7/22) | トップページ | 民放のお馬鹿ぶり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/15859825

この記事へのトラックバック一覧です: 体脂肪率と体内水分量(考察一):

« 山小屋通信(7/22) | トップページ | 民放のお馬鹿ぶり »