« 山小屋通信(9/22) | トップページ | 山小屋通信(9/24) »

2007年9月23日 (日)

山小屋通信(9/23)

昨夜は近所の宴会にお邪魔して、しっかり酔っ払ったので朝寝坊。

Cimg1460昨日、準備だけはしておいた、ケラバの続きから。西側を破風まで組んで東側に掛かるも、ケラバ垂木の位置がやっぱり計算位置に納まらない。こちらも現物合わせで納めたが、実はかなり痛いミスが、進行していたのであった。
ケラバが組上がれば、破風板の取り付け。破風が付くと建物正面の表情が、ぐっと引き締まってくる。
破風まで組上がると、垂木長さを揃える。野地板の出と鼻隠し・化粧鼻隠しの分を屋根の仕上がり寸法から引いた長さで、垂木に墨付けしノコでカットする。
ところがこの頃から、空模様が怪しくなってくる。加えて垂木のカットにてこずる。
ついに小雨がパラつき始めたので、作業を諦め雨養生を始める。ここで大きな勘違いによるミスが見つかる。垂木間隔と合板のサイズが合わない。原因はケラバ垂木の位置を勘違いしていたのだ。あ〜あ、屋根野地をどうやって納めようか。

人気blogランキングへ

|

« 山小屋通信(9/22) | トップページ | 山小屋通信(9/24) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/16546176

この記事へのトラックバック一覧です: 山小屋通信(9/23):

« 山小屋通信(9/22) | トップページ | 山小屋通信(9/24) »