« 山小屋通信(9/9) | トップページ | 明日から夏休み »

2007年9月11日 (火)

図面

ガーデンシェッドの図面を書いているのだが、図面引きなんて四年ぶりの事だから、、「あれ?ここの納まりって、どうすんだったっけ?」と、四年前に買込んだ参考書を引っ張り出している。
四年前の山小屋の設計と、今回のガーデンシェッドの大きな違いは、「内部壁の有無」で、内部壁が立つ位置とその納まり、そして開口部の納まりなのよ。特に内部壁は今回が初めての施工なもんで。
まぁ、常識で考えれば大まかには「こうすりゃ良い」ってのは見当がついてんだけど、工期を短くする為には極力、単純で加工回数や材の無駄が出ない様に設計せにゃならん。
今回の一番のネックは合板価格の高騰から、基準モジュールを「合板の寸法」にした事なんだよなぁ。しかも入手し易い三六板が基準なんで、スタッドは6ft材からの切り出し加工が必須・・・
更に内部壁を設ける事により、妻壁は三枚必要だしさ。ま、その分だけ工夫する楽しみもある訳なんだけど。


人気blogランキングへ


|

« 山小屋通信(9/9) | トップページ | 明日から夏休み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/16410351

この記事へのトラックバック一覧です: 図面:

« 山小屋通信(9/9) | トップページ | 明日から夏休み »