« アドエス:初期化後の環境構築(巻の七) | トップページ | アドエス:ちょっと一休み »

2007年10月31日 (水)

アドエス:初期化後の環境構築(巻の八)

アドエスを使っていて、一番イライラさせられるのがATOKの動作。いや、推測変換や学習機能が良いんだけど、必要が無い時まで出しゃばって来るのが、珠に瑕ってやつ。特に半角英数にしているときに、ATOKが顔を出すのはなんとも堪え難いストレスを感じる訳で。
そこで、ATOKを制御して入力を楽にしようって事で。

1)WithATOKのインストール
ダウンロードは「W-ZERO3」よりZIPファイルをダウンロードし、解凍後にCABファイルを実行。
20071031152441
「\Windows\Progrum Files\WithATOK」より、「sc_controls.wxe」を実行。
するとATOKの制御メニューで、設定ができる。

20071031152633

制御メニューは縦画面と横画面のそれぞれで、独立した制御が可能。
好みに応じて設定するんだけど、とりあえず縦画面のみを設定。これで「文字」ボタンを押した時のメニューで、チェックをつけた入力モードをスキップしてくれるので、文字入力モードの切り替えが早くできる様になる。
あ、「スタートアップに登録」のチェックも忘れずに。でないとソフトリセットの度に、手動で起動せにゃならんので。


2)AtokChangerのインストール
こちらは入力モードを半角英数にした時に、ATOKをオフにしてくれるユーティリティ。
ダウンロードはこちらから。
ダウンロードしたCABファイルを実行して、インストールし、「プログラム」から起動させるだけ。
念の為にショートカットを、[スタートアップ]に入れて置く。


3)pRSSreaderのノーマルバージョンとVGAバージョンについて
2007103115155520071031175900
左がノーマルバージョンで、右がVGAバージョン。
画面サイズの関係で、フォントの処理が異なる為、ノーマルばーじょんをアドエスにインストールすると、文字がかなり荒れてしまう。VGAバージョンはこの不具合が修正されたもの。
でも、このキャプチャ画像だと逆に感じるかな?(笑)


人気ブログランキングへ

|

« アドエス:初期化後の環境構築(巻の七) | トップページ | アドエス:ちょっと一休み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/16935121

この記事へのトラックバック一覧です: アドエス:初期化後の環境構築(巻の八):

« アドエス:初期化後の環境構築(巻の七) | トップページ | アドエス:ちょっと一休み »