« 山小屋通信(9/30) | トップページ | デヂカメで赤外線写真? »

2007年10月 1日 (月)

フェアハンドのハリケーン・ランタン

山小屋を建て始めてから、フェアハンドのハリケーン・ランタンを愛用している。
灯油を燃料として、タンク一杯で二晩は灯り続けてくれる、タフな奴だ。ところが半年程前から、二晩目の朝までに消えてしまう様になっていた。ランプを振ってみると燃料が残っているので、燃料切れではないのは確か。もしかして芯が短くなってしまったのかな?

Cimg1464という訳で、新品の芯を用意して古い芯を取出してみると、四分の一ほどまで減っていた。これではタンクの底までは届かないから、二晩保たないのも納得。
購入したお店の話だと、毎晩使用して一年半ほどの寿命だというから、購入してから四年はそろそろ寿命って事だね。
芯を交換したら、以前の様にタンクの底まで燃料を使い切る様になった。

人気blogランキングへ

|

« 山小屋通信(9/30) | トップページ | デヂカメで赤外線写真? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110783/16630345

この記事へのトラックバック一覧です: フェアハンドのハリケーン・ランタン:

« 山小屋通信(9/30) | トップページ | デヂカメで赤外線写真? »